やはりお米は栽培法で劇的に美味しくなる!

あるお客さまからメールを頂いた。
今年初めてイセヒカリ(白米)を買って頂いた方ですが
以前通販でイセヒカリを買って食べた時、不味かったとのことでした。
今年私のブログを見られて私の育てたイセヒカリはどうだろう?という
ことでご注文を頂いて早速精米をしてお送りした。


今日、わが家のイセヒカリを食べた感想のメールを頂いた。
  「以前食べたイセヒカリとは全く違う。とても美味しい。」
という内容であった。
生産者としてこのコメントは勇気百倍である。

よく米屋では○○産のコシヒカリは美味しいというキャッチフレーズで
お米を販売している。
米屋が選ぶ美味しいお米の順番は
 1 産地・・・例えば新潟産、秋田産など
 2 品種・・・コシヒカリなど
 3 栽培法・・・有機栽培など
となっている場合が多い。
産地で分けた方が米屋としても扱い易いということだと思う。


しかし今回のことで同じ品種の「イセヒカリ」同士でも
  ・普通の栽培法(化学肥料+農薬使用)と
  ・わが家の「無肥料無農薬栽培法」と
では栽培方法によって美味しさが全く異なるということが分かった。

故に本当の意味で美味しいお米の順番は
 1 品種・・・不味い米はやっぱり不味い。美味しいお米の品種を選ぶ
 2 栽培法・・今回のことで同じ品種でも栽培法で大きく味が変わる。
        美味しくなる栽培法を選択
 3 産地・・・じつは産地はあまり重要ではない。栽培法でかなりカバー
        できるのです。
となると思う。

米屋は品種別は可能ですが、栽培法別ということはほぼ出来ないのですね。
栽培法は農家ごとに違いますからそれで分けることは事実上不可能でしょう。
唯一できることは食味計で米袋毎に計測してランクをつけるということです。
しかしこれも食味計の数値と実際に食べた時の美味しさとはなかなかイコールに
ならないところが悩ましいところですね。
機械では好みは計れませんからね。


実際、私もこれほど美味しく育つとは思ってもみませんでした。

本当はとにかく「安全で安心なお米を育ててみたい」という純粋な
気持ちで始めた無肥料無農薬栽培での米つくりでした。
最初の1年は食味計で計る数値も低いものでしたが、毎年この
栽培法を続けるうちに毎年3ポイントづつ上がり続けました。

今年で8年目の米つくりですが安全を追及した結果、美味しさも
向上してきたことは嬉しい誤算でした。

田んぼが沢山の生き物で溢れかえり生命がほとばしる環境で
稲も育っていくということが理にかなった結果なのかなと
思っている。


なんかそんなことを考えてしまった秋の夜長ですね。


某有名銘柄米を試食しても感動しない理由がわかった。

近所のAさんにわが家のコシヒカリを試食してもらった。

その評価は
  普通の米はサイコロみたいに角があるがこれには角がない。
  炊きたてよりも2~3分置いた方が美味さが増す。
  これなら有名な銘柄米とでも十分太刀打ちできるわ。
でした。ちょっと気を良くしてます。

しかし他の家人は
    米の味ってようわからん
とのことで、米の味は、
    「わかる人はわかるが、わからない人はわからない」
ということがわかりました。!



それでわかったことがある。
井の中の蛙大海を知らずではいけないので、たま~に
某有名銘柄米を購入して試食してみることがあるが毎回あまり
美味いと感動することがないのですね。

これは騙されたと思って発売元へ電話したこともあるのですが
普段から食べている自家用のお米のクオリティが高いので
わからなかっただけですね。

(ちょっと手前味噌ですが・・・(*^^)v)


ヤンマーの展示会へ行ってきた。

昨日、今日とヤンマーの展示会が津市の「メッセウィング」で開催されているので
じい様と一緒に行ってきた。
展示会

展示会で米の食味値を計ってくれるコーナーがあったので
早速、わが家の新米を計ってもらった。
松阪農協本店の玄関右横に設置されている食味計ではタンパクが低すぎて
測定不能となってしまったわが家の米ですが・・・

さて検査の結果は
↓    ↓    ↓    
食味値

でした。

毎年スコアが3ポイントづつ上がり続けているんで
今年はこれ位とは思っていたが、予想通りでした。


スコア80以上は食べてみても違いはわからないということです。

検査機で仮に84と85のスコアが出た米を食べ比べても1ポイントの差を
「むむっ!これは!」
などと「違いがわかる男?」はいないですね。

違いのわかる男・・・なんかのコマーシャルでありましたね。




さて帰り際に出口のところで動力洗浄機の展示実演をしていた。
動力洗浄機は、中国産のモノをネット通販で買っていたんですが
今は錆ついてしまい動きません。
それで国産のモノが欲しかったのですがベストタイミングでした。
早速、係の人にいろいろと質問して実演もさせてもらい
つ、ついに、ついに決断しました!!!

まぁ滅多に展示会で即決することは今までなかったのですが
今回は動力洗浄機がなくて泥落としなどの掃除に不便を感じていたので
即決でしたね~♪


展示会、来てよかったです。♪







精白度によって食味はこうも変わるもの?

名古屋のお客様からメールが届いた。

往信 
愛知県のK.Kです
今回、二回 白米を送っていただきましたが
なんと、前回と今回のお米の味が
まったく違います(^-^)/

前回も美味しかったですが
今回は更に更に美味しくてびっくりしてます!!

母も前回との違いに驚いてます!!
今回はかなり、もっちり甘いです☆
保存方法の違いでしょうか?
とにかく味が違いまして
お返事お待ちしてますね



復信
おはようございます。
そんなにお米の味が変わったでしょうか?
前回と今回と同じ田んぼの米ですからそれほどお米自体の味の違いは無いと思います・・・
保存方法も冷蔵庫保存で同じですし。
ただ精米するときにやや上白気味に精米をしたかもわかりませんね。

白米は10分づきですからひょっとしたらやや上白気味に11分づきになっていたかも?
なにぶん精米機のダイヤルを目視で合わせていますのでご了承くださいませ。
それとも前回が9分づきで今回のが10分づきかも?
アバウトですみません。
精米の仕方で味がそんなに変わるものかと生産者として改めて感じています。
ありがとうございます。



往信
やはり、つき方だったかも?
しれませんね
今回は生まれて一番美味しいです




復信
ありがとうございます。
こちらとしてもモチベーション上がりますね。
今年の新米もよろしくお願いします。
(^ ^)



このことから精米の仕方でずいぶんと食味が変わることがわかる。
白米好きの方にはすこ~し上白気味に精米すればかなり
劇的に食味が向上するようです。

確かに7分搗きと10分搗きでは

  炊き上がりの匂い、
  ピカピカ度、
  美味さ

がかなり違いますからね~
いやかなり参考になりました。。。







お米の食味値を測定した。

松阪農協でお米の食味を測定しました。
これがその測定器です

食味測定器


1回目の測定結果。

検査票1


2回目の測定結果。
検査票2


品質評価値(スコアー)は 「82」 です。


食味標準表


アミロース値は17.6で極めて良好です。

たんぱく質は4.7で極めて良好です。

数値が低いほど「美味しい」ということですね。



化学肥料と農薬を使ういわゆる慣行栽培で米つくりをしていた頃の
食味のスコアーは普通で「68」くらいでしたね。


無肥料無農薬で栽培された米は数年でこのように美味しく
激変してきます。


恐るべし無肥料無農薬栽培です・・・ね。


追記:12月20日食味鑑定コンクールに出展した米は
   85点でした。
   慣行栽培でも有機栽培でもミネラルを入れたりして
   涙ぐましい努力をしているが、無肥料無農薬のこの米は
   田植え後、ひたすら除草しているだけで何にも入れませんが
   転換5年目でこのスコアーです。

   恐るべし無肥料無農薬栽培ですね。・・・・・
   
食味表








最近の記事