ポーラス竹炭焼き

今年も竹炭焼きの季節がやってきました。 以前何かの記事で  「竹炭を田んぼに撒いて米を作るととても美味しい米になる」 ということを読んだので毎年田んぼで竹を焼いてポーラス竹炭を 作っている。 午前中は自治会の定期監査があったので午後1時過ぎから開始しました。 動画はこちら↓ 竹炭焼き 最後は水をかけて消し炭を作ります。 これがポーラス竹炭で微細な穴が沢山開いているの…

続きを読む

ポーラス竹炭焼き

最近北風がとても強いので躊躇してました竹焼きを今日行いました。 今日は風速5~6メートルと比較的に弱かったので田んぼに置いてある 竹を焼きました。 田んぼに大量に切り出した竹を置いているので、近所の人からは何をするんやろ? と懐疑的な目で見られていたと思うがポーラス竹炭を作るためだったのですね。 竹の着火には新聞紙を使いましたが風が強くてなかなか上手くいきません。 何度も失敗しま…

続きを読む

まぁこれ位の炭化なら許せるかも

今イチの籾ガラくん炭はこんな感じです。 所々に炭化していない籾が散見されます。 まぁ実用上は問題ないと思いますが、出来るなら完全に 100パーセント炭化したいと思います。 いろいろ対策を行って焼いた籾ガラくん炭。 ほとんどの籾が炭化しており良好であると思われる。 対策としては割り箸を竹に替えたことと籾ガラの充填量を少し減らしました。 丸いドラ…

続きを読む

くん炭焼き・・・連続の焼け残り発生!

昨日、今日と連続でくん炭焼きに不具合がでました。 タンクに籾ガラを入れて上部に着火してから蓋をします。 酸素はタンク底部のばね式小窓から供給するので 火は上から下へ燃えていきます。 最後に底部に到達した火は小窓から差し込まれている割り箸を 焼き尽くします。 すると割り箸が炭化して弱くなり支えていたばねが戻り小窓が閉まります。 すると酸素が供給されなくなり、ちょうど消し炭をつくるとき…

続きを読む

今日から籾ガラくん炭焼きを再開しました。

イセヒカリの稲刈りや台風などで中断していた       籾ガラくん炭焼き を今日から再開しました。 中断中にクンネン器が「埃」をかぶっていたので軽く水洗・乾燥させてから クンネン器に籾ガラを入れて点火・・・ 最初は結構、煙が出ますが落ち着いてくるとほとんど煙はでませんね。 くん炭焼きは匂いも煙も結構出ますから街中ではとても無理ですが 田舎なら回りはほ…

続きを読む

籾ガラの山に登るアマガエル・・果たして

今日もビニールハウスの中の籾ガラを米袋4つに詰めようと やってきたところ籾ガラを覆ってあったシートを取ると 無謀にも籾ガラの山を登ろうとしている一匹のアマガエルを 見つけました。 なかなか登れません。 可哀そうになってそっと掴んで外に逃がしてあげました。 動画はこちらです。   ↓    ↓ 籾ガラの山に挑戦中のアマガエル君 さて籾ガラをクンネン器に投入…

続きを読む

籾ガラくん炭焼き

雨が降らない限り毎日くん炭を焼いてます。 10月に入れば2回目の稲刈りや乾燥調製作業があるので いまのうちに焼けるだけ焼いておきたいと思ってます。 トタンハウスの中で焼いているので着火直後は結構煙が出ますが 落ち着いてくるとうっすらとした煙に変わってきます。 普通、煙突をつけてのくん炭焼きは下から上に籾ガラを焼きあげますが このくん燃器は上…

続きを読む

いい籾ガラくん炭できました!

大体、点火して約6時間でくん炭ができます。 午前中にセットして点火すると夕方には消し炭方式で 自然鎮火します。 そのまま一晩放置してして翌朝、くん炭を掻きだしました。 しかし手で触れないほどまだ熱いのでジョウロで水を掛けつつ 掻きまわして手で触っても熱くない程度まで荒熱をとってから 米袋に入れて保管しておきます。 米袋に入れる前の籾ガラくん炭の状態ですが なかなかいい…

続きを読む

最近の記事