食生活の変化についていかないと。

IMG_2141.jpg

昨日だったかテレビで放映していたのをぼんやりと見ていた。
内容は年々米の消費量が減少していくというグラフをアナウンサーが
説明をしていた。
ところがおにぎりの販売量は年々右肩上がりになっているというのである。

矛盾している?。。。

米の消費量が減っているのにおにぎりは上がっている・・
社会構造の変化や核家族化、特におひとり様世帯が増えてきたからなのかと
思った。
うどんや蕎麦は横ばいでパンは上昇傾向という。

そこで弱い頭を絞ってみたところ
お米もパンのようにお店でおにぎり(ご飯)を買ってきて家ではパンのように
トーストしたりバターを塗ったりして食べるということかと思った。
テレビでは自宅に炊飯器がないと言っていた。

ご飯を炊く家庭は少なくなり、ご飯をお店で買ってきて温めて食べるか
冷たくてもよいおにぎりをそのまま食べるかということになってきたのかと
思った。
ご飯を買ってきてストックしておけば朝食の準備も短時間に終わりそうです。

人間、戦国武将の食生活が基本だとおもってますから
ご飯とみそ汁、少々の香のものでもあればこの組み合わせは「完全食」
ですからね。

段々と食生活も変わってきたようです。














最近の記事