大豆の播種・・かなり足にきました。

わが家の一丁目一番地は     「米と大豆」 です。 基本的には「玄米食+大豆」でぎりぎり命を繋ぐことができるということから この2品種に力を入れてます。 生前の爺さまが耕作していた畑を豆畑にするべく数日前からトラクターで 耕起して管理機で畝を立てました。 鍬で成型してから畝の上に約30センチ間隔で大豆を3粒づつ撒いてから その上からもみ殻を敷き詰めました。 理由は土の乾燥防止と保湿のためですね。 雑草が生えていないと雨と乾燥が交互にくると表面がひび割れてきますので その防止のためです。 こうするとひび割れが防止できるのと乾燥し過ぎるということもないのです。 慣行栽培のやり方です。 雑草が全面に生えてくると籾殻を撒くこともないのですが・・ この畝は全部で23本あり長さが約15メートルですから畝の全長は 345メートルになります。 約30センチ間隔に大豆を撒いたので株本数は1150株になりますね。 畝の横に立って、座って大豆を撒いてまた立って移動して座って大豆を 撒いて・・という作業を2日間行いました。 今日のお昼に全ての作業が終わったのですが夜になって、足が棒のように なってきました。 ちょっと頑張りすぎましたぁ。 スクワッドを何百回も行ったようです。 農作業って作業自体が筋トレにようですね。

続きを読む

最近の記事