大払い神事・・・

毎年大晦日の夕方から町内の宇気比熊野神社において
大払い神事が行われます。

神社役員と2番組が当番なので午後3時から準備です。

幟を立てたり国旗を立てたり幕を張ったりして準備を
しました。
午後5時から神官さんの祝詞ではじまります。

IMG_5982.jpg

IMG_5981.jpg

IMG_4122.jpg



神事終了後はどんど火の回りに集まり酒を酌み交わしながら「直会(なおらい)」がはじまり
ました。

IMG_4125.jpg


火の始末は自警団が日付の変わるまで見張りをします。

これでいよいよ新年を迎えられそうですね。

来年は穏やかな1年になれば嬉しいですね。


皆さまのお蔭を持ちまして今年1年間無肥料無農薬の米つくりが
できました。
ありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。

<(_ _)>


今年最後の寒起こし

IMG_5967.jpg

わが家の3枚の田んぼと賃田はすでに寒起こしを終えていたのですが
この田んぼは竹炭を焼いていたのでなかなか寒起こしができなかったのです。
昨日竹炭の回収も無事終わったので本日!・・・と言っても大晦日の前日なのですが
寒起こししました。
なんとか今年中の寒起こしです。


トラクタの後部に培土器をつけて畝を立てながらの寒起こしなど
誰もしていません。
しかし畝をたてることにより田面が凸凹になり表面積が何倍にも増えて
よく乾燥するようになります。
ゴロゴロの土の畝ですから空気も土の中に入り易くなり酸素を供給できます。



一般的には

ーーーーーーー乾土効果ーーーーーー

などと呼ばれていますが私は「田んぼの中での味噌作り」と
呼んでいます。

味噌って麹により作りますが麹は酸素が必要な「好気性菌」です。
中には酸素を好まない「嫌気性菌」もありますがこれが繁殖すると
それは腐敗したということです。

時々「ドブ臭」がしている田んぼがありますが田んぼが腐敗している
ということですね。
腐敗した田んぼで米つくりをしても「いかがなものか」という気がします。


田んぼの中に酸素を沢山取り込んで好気性菌を繁殖させて田んぼが発酵
できればいいなぁと思っています。
つまり味噌作りと同じなわけですね。



竹炭の回収

田んぼで竹を焼いて作ったポーラス竹炭を米袋に入れて
保管しました。

IMG_5957.jpg

あんなに沢山の竹を焼いたのに炭になれば少ないモノですね。
米袋に14袋しかありませんでした。
ほぼ昨年の量と同じくらいです。

IMG_5965.jpg


ポーラス竹炭・・竹を野焼きして消炭をつくるだけですから
結構アバウトです。
生焼けの竹も結構ありますが構わず田んぼに撒いてしまいます。

完全に炭化した竹炭は微生物の棲家に
生焼けの竹炭は生焼けのところは有機物になりますので微生物のエサと
なって繁殖を助けてくれますね。
無駄なところが全くありません。(*^^)v

IMG_5963.jpg




最近の記事