田んぼを特殊なカメラで撮影すると・・

jinnkoueisei syasin.jpg

上の写真は人工衛星から地上を特殊なカメラで撮影して処理を
したものです。
色がついているところは田んぼで立毛中の稲の状態の色で赤いところは
たんぱくが高く、青いところはたんぱくが低いということです。

たんぱくが高いと不味いお米で低いと美味しいお米といわれてます。
1枚の田んぼの中でも斑状になってますね。
故に厳密にいえば田んぼ毎にランキングをつけられないことになります。


たんぱくが高いお米は土壌の窒素分が多いと言われていますので
肥料をどんどん入れて立派に育てた稲のお米はたんぱくが高くて
不味いをいうことになるようですね。


人工衛星といえば大げさに聞こえますが最近では
中日本航空株式会社で飛行機から田んぼを撮影するサービスがあるということです。
これなら手軽ですが果たして当地の農業試験場などが実施してくれるかは
期待薄です。




竹切り

毎年櫛田川の河川敷に自生している竹林から竹を伐採して
田んぼで焼いてポーラス竹炭を作っています。
幸い、町内の自警団が用水の樋門管理として竹を伐採して
いるのでその竹をわが家の田んぼに置いています。

1週間ほどして乾いたら田んぼの中で竹を焼きます。
完全に焼いてしまうと竹灰になってしまうので途中で水を
かけて消して竹炭をつくります。

竹炭は細かい穴が沢山開いているので微生物の住処に最適なのです。
微生物は裸族なので衣食住のうち衣は必要ありませんから、食と住を
提供すれば繁殖してくれるので、毎年の冬の行事になりますね。


わが家1軒で伐採運搬していたら大変ですが大人数で作業してくれます
ので午前中には終わりました。
ありがたいことです。

IMG_8514.jpg  IMG_8517.jpg


IMG_8518.jpg  IMG_8524.jpg





新しい家族がやってきた!

わが家には先住猫のタイガがいます。
雄ですが不妊手術をしてあるのでオネエですね。
お蔭で近所でも野良雄にやられてますが
今日さらにストレスがかかることがおこりました。

突然なんの前触れもなく生後2ヶ月ほどの雄の黒猫が迷い込んで
きました。
開いていたドアから中に入り先住猫タイガの餌を凄い声を
出して喰っていました。

それに凄い積極性でどんどんタイガに近づいてきますので限界まで
くるとタイガが猫パンチを数発繰り出すとしばらく離れますが
またやってきますね。


以前タイガがやってきたときは先住猫は黒猫のミューでした。
今度は攻守交代というところです。

可愛いのでこちらはそのまま2個餌箱を置きました。

1ヶ月もすればなれるでしょうか。

IMG_8537.jpg








キリ番!200!

昨年の3月22日にアワーメーター146.7時間の新古車という
ほど程度の良いヤンマートラクターを入手しました。
  ↓     ↓     ↓
http://wataka-nouen.seesaa.net/article/435469530.html


ほぼ1年ほど使ってアワーメーターがキリ番になりました。
耕起作業中偶然見つけてパチリです。

IMG_8507.jpg


国産のトラクターの寿命は約1000時間と言われていますので
1年で60時間、10年で600時間・・
まだまだ大丈夫ですね。


大事に乗ろうと思います。

(^^♪

あ~またまたモグラの被害が・・・

29日の午後から30日にかけて天気が崩れるそうなので
今日、田んぼ2枚をトラクターで耕起しました。
2枚の田んぼとも畦にモグ公の土木工事跡がいくつも
ありました。

IMG_8506.jpg


IMG_8508.jpg  IMG_8509.jpg


これで春作業で畦を塗っても翌日には穴を開けられますね。

昨年は畦塗りの翌日には穴を開けられたので急遽、畦シートを
設置しました。

今年も被害が予想されますので最初から畦シートを設置する
方向で考えないとなりませんね。


慣行栽培の田んぼではモグラの被害なんてほとんどないのに
わが家の田んぼではミミズが結構沢山いるのでそれを狙って
モグ公がやって来るようです。
ちょっとしたお悩み事ですね。

まぁ畦シートを設置すればいいのですが手間が結構かかりますからね。
ほんと・・・_| ̄|○




最近の記事