ゴボウの種まき新方式?

爺さまに教えてもらった方法でゴボウの種まきをしました。
ビニール袋の上下をカットして内側にパイプを4本打ち込んで
その中に畑の土をスコップで入れます。
土は結構ふかふかになります。

ゴボウの種を蒔いて篩を通した細かい上土を軽くかけてその上から
籾殻を軽く撒いて・・最後はジョウロで水やりですね。
今日はお昼から雨の予報だったので種まきしたのですがちょこっとの
お湿り程度でした。
この方法すごい高畝状態ですから発芽するまではせっせと水やりですね。
ある程度育つと自然任せでOKです。

収穫するときに深ーい穴を掘らなくてもよいので楽ちんですよ。(^^♪
パイプを抜いてビニール袋ごと倒せば楽にゴボウが収穫できますね。
おすすめです。

IMG_8951.jpg   IMG_8952.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それとイセヒカリの種籾の芽出しは意外と短時間で芽が出てきたので
今朝から
芽出し終了→冷水につけて発芽を一時止める→洗濯機で脱水→
シートに広げて陰干し→2~3時間おきに切り返し(いまここです・・)

IMG_8953.jpg

明日は今シーズン2回目となるイセヒカリの播種作業です。
また1か月後には田植えです。。



コシヒカリの田植え終了しました。

強風注意報が発令されている日に予定変更できずに田植えを強行して
しまい、みごとに苗が枯れたことが過去にあったのでトラウマになって
ます。

今回の田植えも天気予報を何度も確認しました。
特に風の予報ですね。
田植えは苗の根を田植機の爪でひっかいて植えていくので根を切ってしまいます。
その時風が強いと葉からどんどん水分が逃げていくのに根を切っているので
根からは水分が吸収できないので苗が弱ってきてリカバリできないと枯れてしまいますね。
爺さまは植え痛みって言ってました。

そのような事情で今日、田植えをする予定でしたが最新の風予報をみて急きょ
昨日、田植えをしました。
急きょ決めたので実際に田植えを始めたのは午前9時からで最終午後7時過ぎまで
かかりましたが完了できませんでした。
実は日没で暗くなってきたので最後の1回の周回作業ができなかったのです。
うちの田植機は前照灯や作業灯はついていませんので止む無く中止です。

よって今朝から昨日の残りの最後の周回をしました。
そしてすぐに田植機の出入口付近のあれているところを均して
差し苗を行いました。田んぼの四隅も綺麗に植えられないので最後は
人力で苗を手植えしていきます。

IMG_8941.jpg 

今回も直線植えができましたね。気持ちいい!
IMG_8942.jpg IMG_8944.jpg


そうそうわが家の田んぼには「蛭」が生息しています。
昔は田植え用の長靴、通称田植え足袋はなかったので当然裸足で入りますから
爺さまはよく言ってました。
蛭に血吸われて痒いわ・・と
それが農薬を使うようになって一気にいなくなりました。
他所の田んぼは裸足で入っても大丈夫です。(^^♪
蛭はいませんから。

しかしわが家の田んぼは無農薬なので昔いた蛭も戻ってきたようです。

IMG_8938.jpg



本日、代かきです。

若干水多めですが午前8時半から午後3時までかかって約1町の田んぼの
代かきです。

IMG_8920.jpg

お昼はおにぎり弁当でした。
かなり個性的ですが・・・美味しかったのですね。
IMG_8916.jpg
IMG_8918.jpg
もちろん玄米豆ごはんのおにぎりもありました。(^^♪
IMG_8919.jpg

終わって洗車・・
IMG_8922.jpg

夜、代かきをした田んぼへ水の水位を見に行くと早速やってましたね。
喧しいです。
懐中電灯の光でピタリと静かになるのですが、半時間くらいすると
また喧しいので今度は真っ暗な中懐中電灯を消してそ~っと足音を
立てずに田んぼに近づいていきました。
もう畦まで数メートルというところで感づかれてしまいました。
真っ暗やのに人に気配がわかるみたいですね。
蛙は・・・
こんな感じです。

第2回目の温湯消毒&浸種

今日は朝からどんよりと曇っていていまにも雨が降りそうでしたが
10時ころから降り始めました。
今日の予定は今年2回目のイセヒカリの温湯消毒を行い続いて浸種と
なってます。
午後3時以降にはいくらか小降りになるそうなので午後3時半から
温湯消毒を始めました。
わが家は五右衛門風呂で毎年行っているのでまずは風呂の焚口に
木切れを突っ込んで火を点けるところからですね。

IMG_8912.jpg

お風呂のお湯の温度を62度くらいになるように焚いてあとは
水を入れながらお湯の温度を60度にもっていきます。
そして種籾をお湯に浸けます。
時間は10分間で正確にタイマーで計測します。
水をいれて温度を60度に調節するのはカミさんです。
IMG_8913.jpg

私は籾の出し入れと大きな桶に温湯消毒直後の種籾を入れて
浸種させるという力業担当ですね。(^^♪

IMG_8914.jpg

浸種は積算温度100度~120度ですからいま水温は15度でしたので
7日間~8日間程度浸種すればよいですね。

なんか今週と来週は公私ともに予定が目白押しで多忙です。
忙しいときは自分が二人いればいいのにと思います。
・・・カミさんはきっと嫌がりますけどね・・

まぁ妄想です。(>_<)



10日間天気予報を睨みつつ・・

無肥料無農薬栽培での米つくりを始めて数年経ったころ
強風注意報が出ているのに田植えをしたことがあった。
昔から田植えは無風で暖かい日にするべしといわれているが当時は
都合でどうしても別の日に田植えをすることができず強行した。

田植えから数日後、田んぼ一面黄色くなってきたのです。
つまり枯れてしまったのです。
自家採取であったため植えなおしもできずただ見守るしかなかった。
親苗は枯れたがそこから新たに発根した苗がいくつかあってなんとか
半分ほどの苗が再活着してくれたので収量は少なかったがなんとか実った。

それいらい強風の日は絶対に田植えはしないと誓ったのですね。
(まだ雨の方がいい)

今日、10日間天気予報をみると田植えを予定している4月24日、25日は
晴れているが風速8~9メートルの強風が吹く予想となっている。
前日の4月23日(日)は風速2メートルほどの微風となっている。
天候的に田植えに良いのは23日です。

ここから全ての日程を変更しました。
天候的に良い日に田植えを行えば翌日に強風になっても苗の葉先が隠れる程度
まで水位を上げてやればいいので回避措置はとれるのですね。
ただ田植えの最中はヒタヒタ水で苗を植えるのでどうしても「植え痛み」
ということがおこってしまいます。
そんな日に強風が吹けば最悪です。。。

ということで田植えを1日早めに行うことにしました。
となると逆算式に次々と作業日が決定されていきます。

2回目の播種・・・4月26日
2回目の芽だし・・4月24日
1回目の田植え・・4月23日
1回目の代かき・・4月20日
1回目のプールの落水・・4月19日
1回目の入水・・・4月18日
2回目の温湯消毒・・4月17日
なんだか1回目、2回目の作業が輻輳してますが予定表にきっちりと
記入して作業を進めていきますね。

それで今日は20日に代かきをする田んぼの排水口に木板のせぎ板を
差し込みました。
IMG_8905.jpg

また1回目の田植えをする田んぼの周囲の畦の草刈りも行いました。
まだあまり伸びていなかったのでワイヤー式の刈り払い機で軽く
刈り込みました。軽い草の場合はワイヤー式の刈り払い機は重宝します。

IMG_8910.jpg  IMG_8909.jpg






最近の記事