イセヒカリが出穂してきました

コシヒカリの出穂から20日あまり遅れてイセヒカリが出穂してきました。
まだ数株程度ですが計算どおりです。

これでコシヒカリの稲刈りから約20日後にはイセヒカリの稲刈りが
予定されますね。

IMG_1572.jpg



ここで問題が。。。
じつは去年の猛暑でコシヒカリとイセヒカリに高温障害が発生してしまいましたので
今年は試しに高温に強いと言われている「にこまる」というコシヒカリ系の品種を
小さい田んぼに植えました。

コシヒカリと同じように
     温湯消毒→浸種→芽出し→プール育苗→田植え
と同じように管理して育ててきたのですが、
   まだ出穂してきません!!!


かなり生育に長時間かかりそうな具合です。
初めての品種なので田んぼの点検に行っては
  「まだ出穂してないね」
と気をもんでいます。

株はかなり増えており幼穂は膨らんでいるんですがね。



定点観測

IMG_1571.jpg

慣行栽培の右側の稲は背丈がかなり伸びてます。
左側の田んぼは無肥料栽培なので背の高さは抑えられてますね。
背が低いと倒伏しにくいのですね。
どちらもあと1か月もすれば稲刈りでね。








20キロの米袋で発送!

今年から稲刈り後に籾摺りをしてから20キロ用の米袋に玄米を充填して
穀物保冷庫で保管するつもりで準備を進めています。

従前は30キロ用の米袋に入っていた玄米を10キロ分取り除いて20キロに
してから米袋の口を多めに折り重ねて発送してました。

今年からは保管も発送も20キロ用の米袋で行う予定です。
取り扱いも軽いのでとても楽です。
これがなによりです。


またゆうパックの取り扱いも25キロ未満となりましたので農協出荷をするわけでもないので
20キロ保管がわが家にとってはベストマッチですね。

(なにしろ30キロはかなり気合を入れて持ち上げる必要があるのですね)

IMG_1554.jpg

写真のとおり台車に乗せても余裕ですね。
(30キロ用はこの台車に乗せると台車が見えませんからね)
posted by わたか農園 at 10:47日記

梅雨の晴れ間に・・・

7月10日にコシヒカリの出穂を発見しました。
あれから1週間、かなり出穂してきました。

実は今年は1.9反の水田には夏の高温期にコシヒカリほど高温障害を
受けないといわれる「にこまる」という品種を植えました。
昨年の異常高温でコシヒカリは高温障害を受けましたので今年は
高温障害を受けにくいといわれる品種を実験的に植えてみました。

しかし同じ日に田植えをしたにこまるがなかなか出穂してきません。

自分なりにあと1週間ほどはかかると予想して今日、畔草刈りをしました。

出穂してくると畔草刈りや水田の中に入るということはできませんから
今日が最後のチャンスかも?

1、畦草の中のイネ科の雑草にカメムシがすでに生息しています。
2、出穂している状態で水田内で作業すると花を人の体で散らしてしまうので
  出穂したら中へ入ることはご法度です。

以上の2つの理由からあと1週間で出穂してくると予想して1週間前の
今日、畦草刈りを行ったということですね。

百姓って天気を読んだり、生育状況を読んだりして結構頭使いますねぇ。(^^♪

IMG_1536.jpg



さて大汗をかいて帰宅したのですが汗を拭いて作業服を着替えても
暑いものは暑いです!

そこで今の時期ガラガラになった穀物保冷庫へ涼みに入りました。
いや~身震いするほど「冷やかい」ですね。
庫内温度13度 湿度60% で年間一定ですから夏は涼しく、冬は暖かいです。

流石に長居はできなくて早々に庫外へでましたが庫外へでるとメガネが曇ってしまい
大変でした。(^^♪

IMG_1537.jpg



最近の記事