今日の苗!

3月21日に播種してハウスの中に並べていた苗箱のシートを
3月26日の夕方に取り外しました。
その時の苗箱の状態はこんな感じでやや緑化が不十分なところが
散見されました。
     ↓     ↓    ↓
IMG_2476.jpg



それから3日・・・ほぼ緑化が終了してまばらなところがなくなりました。
一面緑色ですね。
苗も元気です。

IMG_2488.jpg


それにプール育苗はほぼ苗の葉高が均一に揃ってきますので
緑の絨毯のようにみえますね。
posted by わたか農園 at 20:33日記

畔塗機の土落とし

朝一番に行ったことは種もみを浸種させている樽の水の交換です。

IMG_2477.jpg



さてこの写真の棒のような道具は何につかうのでしょうか?
じつはこれは土落としと言って作業機の中に固まってへばりついている
土を突いて落とすものです。
IMG_2479.jpg

作業中の状態ですね。
IMG_2478.jpg


作業機の中の土を落とすと来年まで冬眠させるため長屋の一角に
置いておきます。
この畔塗機は1年のうちでほぼ1日使うだけですから稼働率めちゃくちゃ低いです。
農業には稼働率の低い農業機械が多いですが今では農業機械を使わないと
米つくりは維持できないですね。
IMG_2480.jpg

posted by わたか農園 at 22:28日記

2回目の温湯消毒と発芽

IMG_2467.jpg

午前8時30分、五右衛門風呂の焚口に火を入れました。
水温60度まで沸かします。
60度に達すればいよいよ湯舟に種もみを投入します。
IMG_2468.jpg

60度のお湯に10分間浸けてお湯による消毒を行います。
水温も温度計で、また時間もストップウォッチで正確に計測
して行います。
かなりシビアです。

10分が経過するとすぐに湯舟から上げて今度は冷水で急冷します。
そのまま樽の冷水に浸けるだけでは芯の方はまだ急冷されていないので
籾袋を扁平にして満遍なく冷水に浸します。

そのまま樽に浸けて浸種に入ります。

IMG_2472.jpg


農舎の所定の冷暗所へ移動して置いておきます。
この樽の水は毎日交換します。
酸素補給のためですね。

IMG_2473.jpg



また夕方には3月21日に播種してハウスに並べた苗箱のコシヒカリの発芽状況を
確認しました。
丁度5日目ですが、土の上に1~2センチほど伸びていたので上にかけてある
ラブシートを取り外して水をいれました。
これで数日後にはしっかりとしてきます。


IMG_2476.jpg


1Adjustments.jpg
posted by わたか農園 at 20:58日記

耕起

農業は特にお天気に左右されますね。
27日の金曜日から日曜日にかけて雨の予報。。。
その後の1週間も曇りから雨模様ですっきりしませんね。

今日は2回目の温湯消毒の予定でしたが、急遽明日に変更して
4枚の田んぼの田起こし(耕起)をしました。

前回の雨でしっかりと土が固まってしまっていたので代かきまでに
一度フカフカに起こしておきたかったのですね。


IMG_2463.jpg

IMG_2464.jpg

IMG_2465.jpg

IMG_2466.jpg


耕起は結構時間かかります。
朝の8時半から始めて午後5時までかかりました。

明日は温湯消毒です。
時間は2時間もかからないと思うのですがおそらく温湯消毒を終えてから
耕起していたら今日中には終わらなかったと思います。

温湯消毒後は田んぼの四隅の高低差直しをショベルトラクタを持って行って
行いたいと思ってます。













posted by わたか農園 at 18:45日記

畔塗り作業

数日先には雨の予報なので慌てて今日畔塗りを行いました。
ガイアという畔塗機です。

年間ほとんど使いません。
春になり田んぼの畔を塗る時のみ1日使うだけですね。
稼働率365分の1ですね。
人力でやると大変なので機械を使ってしまいます。


IMG_2454.jpg

IMG_2455.jpg



トラクタの作業速度(車速)は時速190メートルです。
ものすごく低速です。あまりの遅さに眠くなってきますね。
IMG_2459.jpg




まぁまぁ綺麗にできました。(*^^)v
IMG_2462.jpg



posted by わたか農園 at 20:04日記

最近の記事