温湯消毒!

今日はコシヒカリの種もみの「温湯消毒」をカミさんと二人で行いました。
この温湯消毒の司令官はいつもカミさんです。(笑)
温湯消毒は摂氏60度のお湯に10分間、種もみを浸けます。
きっちりとタイマーで計測して浸けますが10分が経過すると直後に
冷水につけて急冷します。種もみは急冷したあとはそのまま樽に入れて
水に浸けて浸種しておきます。
この浸種は積算温度100度~120度ほどの期間浸けておき
そのあと芽出しをしてから苗箱に播種することになります。

播種した後はハウスの中のプール育苗用のプールに平置きで並べ
ラブシートをかけて保温します。
順調にいけば1週間ほどで芽がでてきます。

今日はその最初の作業でした。
明日から毎日樽の水を交換します。

五右衛門風呂の焚口に薪を入れて60度のお湯を沸かします。
IMG_2379.jpg

お湯が沸いたらいよいよ種もみを湯舟に入れてお湯で消毒をします。
Adjustments.jpg

温湯消毒が終われば急冷して種もみを樽に入れて浸種に入ります。
毎日水を交換です。
IMG_2382.jpg

農舎の冷暗所で保管します。
IMG_2383.jpg


いよいよ温湯消毒⇒浸種とステージが1段上がったので
ハウスの中のプールづくりもそろそろ手を付けないと・・
なのでレーザーで水平を取るために木枠をセットしてその上に
水平のとれた水糸を張りました。
明日はこの水糸に沿って木枠の水平を出して木枠の水平から
床土の水平を取ります。

IMG_2387.jpg

IMG_2388.jpg



ちょこっとアクシデント・・・
じつは湯舟に10分間、種もみを浸けるのですがこの時
カミさんが計測していたキッチンタイマーを水の中へ落としてしまった。(>_<)
「あ~」と大声を上げたがあとの祭りです。
すぐに拾い上げてみたものの見事に動きませんね。
いま乾燥中です。(>_<)
動くかな~不安です。


















posted by わたか農園 at 18:42日記

最近の記事