昨日の豆畑の雑草刈りのつづき・・

IMG_2872.jpg


IMG_2871.jpg



昨日の日曜日は梅雨の合間の久しぶりの晴れでした。
午前中は町内の草刈り出合い作業で倅に行ってもらいました。
前回も倅に行ってもらったので
「なんやまた親父は休んどるんか、もう出合いはお前か」
と言われたとか。
作戦通りですね。
今後町内の共同作業は倅に行ってもらうことにしたいと思ってます。


私は私で別に休んでいたわけではなく豆畑の雑草を刈り払い機で刈ってました。
雑草の勢いもすごいので雑草が豆に覆いかぶさって日当たりが不良のところも
あったので日が当たるように株と株の間の雑草を刈りました。

これで株元の雑草は残っている状態ですが株と株の間は雑草を刈ってあるので
日が当たりますね。

一本松のように豆だけの株にすると台風などで倒れることもあるので、
一緒に株元の雑草も残すと強風などでも結構持ちこたえてくれます。

昨日は出合い作業から帰ってきた倅と穀物乾燥機の掃除も一緒に行ったので、
豆畑の雑草刈りの続きは午後からになってしまい、夜までに全部刈ることができませんでした。
3列ほど残ってしまいました。
今朝は天気アプリによると午前10時ころまで曇りでその後雨とのことだったので
急いで10時までに昨日の残りを刈りました。
少し雨に降られましたがなんとか完了しました。







posted by わたか農園 at 11:48日記

間一髪の畔草刈り

予定では7月11日ごろの畔草刈りを予定しておりましたが
もうチラホラと出穂してきたので7月5日(昨日)に
出穂してきた2枚の水田の周りの畔草を刈りました。

今後半月ごとに刈る予定です。

カメムシ対策です。

今日から数日は雨が続きます。
雨の前に畔草刈りができました。
よかったです。


IMG_2840.jpg


IMG_2839.jpg



今後、稲刈り時期までは水管理と畔草刈りが主な作業となりますが、最近は
畔草刈りを行わずに除草剤を散布する農家が散見されるようになってきたので
大変憂慮してます。
農薬は一度でも使えばアウトだと思います。

最近は除草剤に対するアレルギーが低くなっている気がする。
神社仏閣や公用地などは除草剤を散布していますし、農家でも平気で除草剤の
散布を言い出す始末で安全安心の精神や環境を保護・保全するという気持ちはないのかと
言いたいのです。


わが家は米農家ですが無農薬栽培と決めたら「自分の管理する全農産物」は
無農薬栽培が基本ですよね。
水稲は農薬を使うが、野菜は無農薬にしているとか、やっていることがバラバラで
一体どうなっているのと言いたい気持ちなのです。

それに減農薬という表示もナンセンスだと思います。
農薬の散布量を半減しても、作物に吸収される農薬の量は比例して半減するのでしょうか。
比例するという研究成果は見たこともありません。


みんな例えば50%の減農薬という言葉を直感的に感じて農薬の吸収も半分になるんだと
勝手に思っているだけで本当のところはだれにもわからないということだと思っています。

その点無農薬は使用量はゼロですからわかりやすくですね。
思い違いも発生しません。
是非農薬の使用はデジタルで考えて欲しいものです。
0か1かのデジタルの考えすね。
使うのか使わないかです。


今日はちょっと熱くなりました。_| ̄|○

posted by わたか農園 at 10:28日記

一番穂(出穂)発見しました!

雨続きでなかなかしっかりと田んぼを見ることが出来なかったのですが

今日、見回り中に数株の稲で出穂していました。

コシヒカリの稲ですね。



IMG_2838.jpg


IMG_2835.jpg



慣行栽培の稲はこの時期、田んぼの水を抜いてしまういわゆる「中干し」という作業を
行います。
田んぼの土がひび割れて指がひびに入るくらい干して、そのあとは稲刈りまで
3潅4落といって3日水を入れて4日干すという作業を続けます。


なぜ慣行栽培は中干しという作業が必要かというと以下の理由ですね。
※田植えと同時に肥料をいれるので強制的に分けつが旺盛になる
※無効分けつを抑えるために干して稲を弱らせて分けつを止める
※同時に干すために飢餓状態になるので子孫を残すため慌てて出穂するようになる

つまり中干しは人為的に出穂をコントロールすることになりますね。



わが家は無肥料栽培なので分けつは肥料を使ったようには増えません。
なので最後の最後まで分けつを増やしたいので中干しはしません。
では出穂はどうなるのかというと、それぞれの稲の個性で準備のできた株から
順次出穂してきます。バラバラです。
出穂してくる時期は完全に稲に任せてます。

しかし中干しをしていないのに出穂の時期が近づいてくると稲は自然と
養分の吸収を自分で制限して自分で飢餓状態をつくるのですね。
自然は本当によくできていると思います。

人為的に出穂を促されるのではなく自然の営みの中で準備のできた稲から
穂がでてくるのですね。
いわば「稲ファースト」ということですね。












posted by わたか農園 at 18:55日記

雨の前に一作業

明日は雨の予報です。
以前、畝を立てた畑に雑草が繁茂してしまいました。
手っ取り早く耕起してしまえばいいんですが梅雨で土が
湿っていてそれもできないので刈払い機で刈り込みました。

丁度、畝の天辺を土が見えるくらいまで刈り込んでそのまま
手作業で豆を播種しました。

IMG_2834.jpg

品種は「めぐろおう」と「黒豆」の2種類ですね。

数日して発芽してきたら日が当たるように周囲の雑草を刈りこみたいと思ってます。



posted by わたか農園 at 12:20日記

最近の記事