大豆芽がでてきました

5月31日に大豆の種まきをしてから5日目。
今日、土の上に芽がでてきました。
まだまだ不揃いですがあと1週間もすれば揃ってくると
思います。


IMG_3612.jpg


IMG_3615.jpg
posted by わたか農園 at 22:37大豆

除草機の収納

令和3年の除草機による作業期間が過ぎたので
ドロ落とし、給油をしてまた来年の使用時期まで
長屋の一角で冬眠に入りました。

IMG_3604.jpg

※ 奥に見えるのが共立製の3連カルチ式中耕除草機です。
この除草機は条間は強力に土を掘り起こして雑草を水の上に浮き上がらせて
枯らせてしまいます。
しっかりと根付いた雑草でも土ごと掘り起こすので水に浮き上がらせることができます。

※ 手前の除草機は和同製水田除草機で4条用です。
なのでわが家の田植え機は4条式です。
1条に対して2枚の羽根がかき上げるようにするので株間の雑草も水に浮き上がらせて
枯らせてしまいます。
しかししっかりと根付いた雑草には効果がありません。

2種類の除草機にも一長一短がありますね。

2回めの機械除草と手取り除草

5月22日~23日の2日間、1回目の機械除草を行いました。
ほんとは田植えから10日毎に3回除草することになってますが、
当地は10年ほど前からジャンボタニシが水田や排水路で繁殖しています。
最初は特定外来種ということで被害に遭ったら嫌だなと思っていたが
幸い無肥料無農薬栽培の米作りでは田植え時の苗は4.5葉程度の中苗を
使っていますので被害らしい被害はありませんでした。

ただ彼らも動物なのでこちらとは意志の疎通ができません。
去年、ジャンボタニシが沢山いた水田は今年も沢山いるとは限らないのですね。
そんな訳でこの水田は4枚の水田のうち唯一あまり繁殖していなかった水田です。

コナギやグアイが生えてきましたが綺麗にジャンボタニシが除草してくれた区域もある
のですが約7割くらいはジャンボくんの除草効果が出ていませでした。
そこで機械除草機の緊急出動になったのですが、ジャンボタニシの除草効果を期待するあまり
機械除草のタイミングを逸してしまい田植え後10日のところが20日後に機械除草を
行う事になってしまいました。

当然、この除草機は株間も機能的には除草できるのですが時期を逸してしまったことから
完璧には除草できなかったのです。

5月2日に2回めの機械除草を行いましたが、水田全面を機械除草を行った訳ではなく
水田の北側7割ほどを除草しました。
IMG_3603.jpg

しかしどうしても株間の雑草は取り残しがでますので
6月3日と今日(6月5日)除草用のホーを使って手取り除草を行いました。
これは能率は低いですが細かい株元付近も綺麗に除草できますね。(^^)

IMG_3607.jpg

posted by わたか農園 at 12:34除草

最近の記事