稲刈り1週間後の状況

IMG_4759.jpg

IMG_4760.jpg

IMG_4758.jpg

IMG_4755.jpg

丁度稲刈り後1週間経った田んぼの状況です。
もう「ひこばえ」が生えてきて緑色になってますね。

そろそろ最初の荒起こしをする予定ですが
稲刈り後にまたまた雨が降ったのでザブザブになってます。




しかし土日なのでそこかしこでコンバインが稲刈りしていますね。
最近のコンバインは改良されているので泥の中へ20センチほど
沈み込むようなドロドロの田んぼでも稲刈りができます。

田んぼは荒れますけど。。。


IMG_4757.jpg

野上り!

今は行っている農家は少ないとは思いますが、私が子供のころは稲刈りが済んで無事お米が収穫できて
当時は全て農協に出荷していましたので集荷が終わると「野上り」と呼んでいわゆる
「野上り饅頭」を作って親戚中に配ったものです。

もう「野上り饅頭」を配ることはありませんが、わが家も本日無事「野上り」となりました。

お盆から長雨が続き果たして稲刈りができるのだろうかと気を揉んで天気予報を
何度も調べたりしておりましたが、長雨の間隙をぬって数日間晴れるという
情報をキャッチ、急遽8月19日、20日の2日間で稲刈りを行いました。

予定では8月21日~23日の間に行う予定でしたが調べるたびに天候が悪くなって
きてました。
早めに刈るか、あるいは遅らせるか思案のしどころでしたが19日、20日の2日間が
晴れの予報に変わってきたので早めに稲刈りを行いました。

IMG_4739.jpg

当日は義息子が手伝いに来てくれました。
初めてのコンバインによる稲刈り作業でした。

IMG_4746.jpg


刈り取った籾は穀物乾燥機へ運び水分値15%に乾燥させました。

その後来年用の種もみを選別しました。
種になるので特別に充実した優良な種を選別しました。

IMG_4748.jpg



そして昨日と今日の2日間で籾から玄米にする「籾摺り」作業を行いました。
籾を乾燥機から2階のホッパーへ上げた後、パイプを通って籾摺り機へ降りてきて
1次選別機、色彩選別機を経て計量器で20キロ用の米袋に玄米を充填して
保冷庫へ搬入しました。

一連のライン作業ですがこれも息子や義息子の手伝いがあり大変助かりました。

20キロの米袋を200袋以上も9段くらい積み上げるのは大変です。
私はできませんのですべてやってもらいました。(楽)

IMG_4750.jpg

IMG_4753.jpg



なにはともあれ本日無事「野上り」しました。!


迎え火

迎え火・・
もうこの行事を毎年行っている家は町内でも数えるほどに
なってきました。
以前棚経にみえたご住職に「入口の藁の燃え残りは迎え火ですか」と
聞かれたのですが、その時に町内でも迎え火をされるお家は少なくなりましたと
伺ったのですね。


父親が行っていたのを幼いころから見ていたので毎年同じように
出入り口の横で「迎え火」を焚いて先祖様を迎えします。

IMG_4730.jpg



玄関横には「燈明」もいつものように灯しました。

IMG_4732.jpg

そろそろ黄化してきました

IMG_4724.jpg


今年は他所よりも1週間ほど田植えが早かったのでお盆ころに黄化してくると
思っていました。
そろそろです。
明日から水田の水を落水したいと思います。
順調にいけば約」1週間ほどで土が固まりコンバインが入れるように
なればすぐに稲刈りをしたいと思ってます。

もうすぐですね。

柿畑の下草刈り

毎日暑いので草刈りをしてもすぐに伸びてきますね。
こまめに草刈りをしないと写真のようなオーレックの4輪草刈り機でも
負荷がかかりすぎてベルトが切れたりエンストしたりします。

台風一過の午後4時から午後6時半ごろまでかかりました。
汗びっしょりで速攻でお風呂へ直行しましたね。

IMG_4725.jpg


IMG_4727.jpg

最近の記事