稗の生命力に脱帽です。

最近はちょっと空き時間ができると水田の稗の手取り除草を
してます。
今日も断続的にしてました。

そのとき数日前に手取り除草で引き抜いて水面に浮かべていた稗を
見るとかなり様子が違っていました。

浮かべたときは真っ直ぐな茎と根も少し出ている感じでしたが、
浮かんだ稗は茎の部分が茶色くなり「連続くの字形」に折れ曲がっている
のです。
また根の部分の発根がものすごくてソフトボール大まで大きくなってました。

引き抜かれたので稗はかなり生命的に危機状態になりなんとかして
生命を維持しようと、緊急的に発根が促進され幹をくねらせたのだと
思います。
幹をくねらせると浅水の場合は上手く土に触れるかもしれません。
そうなれば復活できるかもしれないので、そのようにDNAに組み込まれて
いるのですね。
凄い生命力を感じました。



私は稗を除草しなければならないので逆に稗が復活してきたら困りますから
申し訳ないですが復活出来ないように鎌で10センチほどに細かく刻みました。
<(_ _)>

稗にしてみれば身を切り刻まれて死んでいくのであるが動物みたいに
感覚がないのがせめてもの救いですね。




この記事へのトラックバック

最近の記事