今年最後の寒起こし

IMG_5967.jpg

わが家の3枚の田んぼと賃田はすでに寒起こしを終えていたのですが
この田んぼは竹炭を焼いていたのでなかなか寒起こしができなかったのです。
昨日竹炭の回収も無事終わったので本日!・・・と言っても大晦日の前日なのですが
寒起こししました。
なんとか今年中の寒起こしです。


トラクタの後部に培土器をつけて畝を立てながらの寒起こしなど
誰もしていません。
しかし畝をたてることにより田面が凸凹になり表面積が何倍にも増えて
よく乾燥するようになります。
ゴロゴロの土の畝ですから空気も土の中に入り易くなり酸素を供給できます。



一般的には

ーーーーーーー乾土効果ーーーーーー

などと呼ばれていますが私は「田んぼの中での味噌作り」と
呼んでいます。

味噌って麹により作りますが麹は酸素が必要な「好気性菌」です。
中には酸素を好まない「嫌気性菌」もありますがこれが繁殖すると
それは腐敗したということです。

時々「ドブ臭」がしている田んぼがありますが田んぼが腐敗している
ということですね。
腐敗した田んぼで米つくりをしても「いかがなものか」という気がします。


田んぼの中に酸素を沢山取り込んで好気性菌を繁殖させて田んぼが発酵
できればいいなぁと思っています。
つまり味噌作りと同じなわけですね。




この記事へのトラックバック

最近の記事