先祖帰りはなかったです。

6月29日にコシヒカリの先祖帰りの記事をアップしていました。
こちらです。↓    ↓    ↓
http://wataka-nouen.seesaa.net/article/439532232.html

自家採取を長年続けていると交配種であるコシヒカリは先祖帰りを
してしまい農林1号とか農林22号とかに違う品種になってしまうという
ことを聞いたのでコシヒカリの収穫が一段落した9月中旬に
広島の穀物分析センターにDNA鑑定を依頼していた。

本日検査の結果が送られてきた。

無事、検査機関に送ったコシヒカリの玄米は

   「コシヒカリと断定できます。」

という鑑定結果でした。

IMG_7606.JPG



今年で10年目の自家採取でしたのでひょっとして先祖帰りをしているかと
おもっての鑑定でしたが一安心しました。


しかしイセヒカリはメジャーではないため鑑定できないということ
でした。

イセヒカリのDNA鑑定はどこでやっているのか不明ですが
探してみようと思ってます。
もっともっと普及しないとダメなのかも。




この記事へのトラックバック

最近の記事