迎え火

迎え火・・
もうこの行事を毎年行っている家は町内でも数えるほどに
なってきました。
以前棚経にみえたご住職に「入口の藁の燃え残りは迎え火ですか」と
聞かれたのですが、その時に町内でも迎え火をされるお家は少なくなりましたと
伺ったのですね。


父親が行っていたのを幼いころから見ていたので毎年同じように
出入り口の横で「迎え火」を焚いて先祖様を迎えします。

IMG_4730.jpg



玄関横には「燈明」もいつものように灯しました。

IMG_4732.jpg

飲食店でお米を購入する?

もう5年になるが伊勢市内の「喜心」という菜食料理店で
わが家の「無肥料無農薬のコシヒカリ」を使ってもらっています。

最近配達の依頼が頻繁にくるので今日、お米を配達した際に聞いてみました。
「最近お米の消費がめちゃくちゃ早いですがなにかありましたん?」・・と
すると
「お客さんが食事の後、店で使っているお米を買いたいということでお分けしています」
とのことでした。(つまりわが家のお米ですね)
全然、普通のお米とは美味しさが違うのでよく分けてますのでそれで消費が
早くなってしまいます。

以前、妹夫婦が新潟か山形へ旅行に行ってそこの宿で食べたお米が大変美味しかったので
丁度土産物として売っていたので購入し帰宅後改めて炊いて食べてみたところ
「それほどでもなかった」というようなことを言っていた。
考えてみると旅行の高揚感とかその土地のおいしい水なども影響して美味しく感じたのかも
しれないと言っていた。

しかし菜食レストラン喜心は街の一般的なお店であるため地元のお客さんばかりと
思うので旅の高揚感もないしまた炊飯に使う水も普通の水だろうと思う。
たしかに無肥料栽培のお米は美味しいというのは「お客さまの声」から美味しいとは思うが果たして自宅で炊いたお米が期待通りに
美味しかったのか心配になった。
お店で食べたクオリティーを保っているかどうか。。。
生産者としては心配ではあります。
期待外れはないとは思うがやはり心配ではある。。。

生産者の皆様へ!

昨日、農協から下記のパンフが配布されてきました。

改正種苗法により、今年の4月1日から稲の登録品種に該当する品種の
農業者による自家増殖は、育成者権者の許諾が必要となります。
許諾条件は、育成者によってことなります。

※「登録品種」とは、種苗法で規定された品種登録制度で登録され、品種を育成した者に
  知的財産のひとつである「育成者権」を付与されている品種を指します。

※「自家増殖」とは、正規に購入した登録品種の種苗から得た収穫物の一部を、自らの
  経営に限定して、さらに種苗として転用することを指します。
  (注:自家採取の意味ですね) 


IMG_4481.jpg

IMG_4482.jpg


わが家で自家採取したコシヒカリの種苗は種苗法で規定された品種登録制度以前に開発された品種
なので育成者の許諾をは必要ないとのことでした。
新しい品種は許諾が必要となるのですね。
段々と自家採取の条件が厳しくなるな~

家庭菜園なんかでも影響あると思いますね。

春分の日・・・

昨日の3月21日は春分の日(旗日)でした。
わが家でも門前に日章旗を掲揚して祝意を表しました。

IMG_4331.jpg

IMG_4330.jpg


また毎年そうですが町内の氏神さまで春の祭礼が開催されました。
町内の氏子の皆さんです。

IMG_4332.jpg

IMG_4333.jpg

IMG_4334.jpg

お天気も良かったのでいい式典でした。
posted by わたか農園 at 17:40日記

新型iPhone SE 購入しました

思えば6年前の春に初代のiPhone SEを購入してガラケーからスマホデビューを
果たしました。
サイズ的にワイシャツや作業服の胸ポケットにすっぽりと収まり
ストライプを首にかけて使っておりました。

その後第2世代のSEが2年ほど前に発売されましたがサイズが少し
大きくなったのでスルーして初代機を使い続けたのですが
流石に老朽化が感じられるようになったので第3世代が発売されたら
購入することに決めていたのです。
そして1週間ほど前に予約を入れました。
3月20日に無事購入することができました。

IMG_4327.jpg

やはりちょっと初代機より大きいです。
しかし実際にポケットに入れてみるとボタンの部分が少し引っ張られますが
ボタンをすることはできたのでよしとしました。

またデータやアカウント、各種アプリなども一括して移してもらいましたので
初代機を同じ感覚ですぐに使うことができました。

まぁなにはともあれこれでまた6年間使えそうです。???
posted by わたか農園 at 17:30日記

河津桜もう葉桜



3月1日にチラホラと河津桜が咲き始めていましたが・・・・
IMG_4267.JPG



今日(3月16日)にはほぼ葉桜になってました。
早過ぎる・・・・_| ̄|○

IMG_4299.jpg
posted by わたか農園 at 18:33日記

米粉のお好み焼き・・美味!

IMG_4272.jpg

今日のお昼は米粉によるお好み焼きでした。
小麦粉は輸入が多いですしホストハーベストや小麦アレルギーなどが
あるのでその点米粉は無肥料無農薬のコシヒカリを使っているので安全安心ですね。

米農家のわが家はコシヒカリを米粉に製粉して使っています。
胚芽を残した玄米を米粉にした「玄米粉」も作ってますので
玄米食のような米粉になりますね。
(ちょっと色が薄茶色ですが・・・)

写真のような大きさのお好み焼き4枚でお腹パンパンになりました。
米粉は天ぷらなどの衣に使っても小麦粉のような氷につけてから揚げるなどの
技を使わなくても常温でカラッと揚がりますね。

お勧めだと思います。
お問い合わせはこちらからお願いします。
 ↓     ↓     ↓
https://wataka-nouen.seesaa.net/category/27692616-1.html


ちなみに米粉製造はサタケの製粉機を使ってます。

IMG_4275.jpg

IMG_4274.jpg

IMG_4273.jpg




posted by わたか農園 at 13:59日記

むむ!なんか怪しい看板?

今朝のウォーキング中に見つけた看板ですが
なんか手作り感満載なのですが・・・

4日前には無かったのですが、その時は堤防の下の方に
竹がきれいに枝を払って何百本と並べられてました。
堤防の下の竹林から切り出してきたものと思われました。

我々もたまにエンドウの手にするために何本かは切ってきますが
当時の竹の量はすごかったです。
トラックで3~4台分はあったと思います。

その時堤防の状態を監視する国交省のパトロール車が
通って行ったのですが特に停止して作業している人に
何か言ったということもなかったのですね。


そのことがあってから今朝久しぶりにウォーキングに
行ったらこんな看板が立っていたのです。

IMG_4265.jpg

間違いなく自作した看板ですよね。これは。

う~ん 謎
posted by わたか農園 at 22:44日記

建国記念の日(旗日)です

IMG_4206.jpg

IMG_4204.jpg

早速、門の前に国旗を掲揚してお祝いの気持ちを表しました。

日本に生まれてほんとうによかったと思います。
posted by わたか農園 at 13:28日記

今日は成人の日です(旗日です)

今日は成人の日です。
国旗を掲揚して新成人の皆さんをお祝いしましょう。
国旗を掲揚する日はカレンダーに国旗が印刷されていますね。

IMG_4135.jpg


わが家でも早速、日の出に合わせて門前に国旗を掲揚しました。

IMG_4131.jpg

IMG_4132.jpg


以前から玄関には掲揚していたのですが通りから全く見えないので
今回、門前に掲揚することにしました。

posted by わたか農園 at 17:40日記

新年明けましておめでとうございます

いよいよ令和4年が始まりました。

年末年始はバタバタとしておりなかなかブログの更新ができず
今日になってしまいました。

年末から懸案となっていた柿の木と梅の木の剪定も無事終えて
畑の一か所に集めて焼却しました。

IMG_4122.jpg

野放図に伸びた枝をこないで着火しましたが風速4-5mほどあったので
結構な勢いで2時間ほどで終了しました。
IMG_4125.jpg


ほぼオキになりました。
IMG_4127.jpg


初日の出は今年は少し雲が多くて心配しましたがなんとか拝むことが
できました。
しめ縄や国旗を掲げて新鮮な気持ちになりました。
皆様、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

IMG_4116.jpg

IMG_4108.jpg

IMG_4119.jpg


最後に町内の氏神様に初詣を行いました。
今年は改めて「初心に帰る」を実践したいと思います。

IMG_4121.jpg
posted by わたか農園 at 18:03日記

草刈り(一部妄想あり!)

7月10日から1週間ほどかかって全ての水田の畦草刈り、畑の下草刈り
町内の担当水路縁の草刈りなどを行ってます。
天候も最近午後からすごい雷と豪雨があったりしてなかなか進みません。

特に梅雨末期で蒸し暑いし若い人なら1日でこなす作業を3日かかって
終える感じになってます。
無理して熱中症などになればかえってマイナスですから休憩を多めに
とってます。

IMG_3714.jpg

上の写真は右側がわが家の無肥料無農薬栽培の水田です。
左側は慣行栽培の水田です。
田植えは同じ日でしたが実はこの慣行栽培田は最新の技術で田植えが
行われました。
田植え当時、自分ちの田植えをしつつ隣の水田を見ると8条の大型田植え機が
高速で田植えを作業をしていましたが、なんと運転席に人が乗っていないのです。
GPSを使った直進安定機能は知っていましたが、全く無人で田植えをしていきます。
反対側で自動でターンもこなしてます。
凄すぎマス。

あとで聞いたらクボタ農機の製品ということでした。
ネットで調べるとたぶん下記のURLの製品ですね。

https://www.kubota.co.jp/news/2020/20-04j.html


もうあと数年もすれば農舎から無人のトラクターや田植え機、コンバインなどが
農道を自動運転で田んぼまで行って自動で作業をしてまた帰ってくるという
ことが現実になるのかもしれません。

その頃にはもちろん自動車も自動運転ですね。

なんか凄いことになってきてます。
妄想でもないか。近い将来現実になるな。



posted by わたか農園 at 18:58日記

草刈り週間!

先月の20日頃に草刈りをしましたので、そろそろ時期ですね。
夏場(6月~8月)は気温が高いので通常30日間隔での草刈り
をこの時期は20日間隔で作業します。

以前サボってしまい30日以上も放置して腰のあたりまで伸びた雑草を
オーレックの4輪草刈機で作業した時、刈刃に負荷がかかりすぎてエンストしたり
刈刃用のVベルトが破断したりして往生しました。

IMG_3698.jpg

給水口付近などの細かい箇所はワイヤー式の刈払機で処理しますが、ものすごく
草を周囲に飛び散らかします。
石の周囲やブロックまで綺麗に刈れるのですがこの草を飛び散らかすのが
大変です。
カッパのズボンか前掛けは必須です。

IMG_3700.jpg

IMG_3699.jpg
posted by わたか農園 at 17:33日記

これは!

わが家の無肥料無農薬栽培のお米は伊勢市内の「喜心」さんという
菜食自然食のお店に毎月配達しています。

IMG_3680.jpg

IMG_3681.jpg



以前、お店のお客様で「使い切った米袋」を再利用したいので
わが家のイラストもそのまま使っても良いですかと聞かれたことが
あったので快諾したことがあった。

今日、お米の配達の際に写真のようなトートバック?!をいただいた。
わが家の米袋をうまく加工してすてきなバックに変身していた。
感激ですね。。。

IMG_3682.jpg

posted by わたか農園 at 19:40日記

柿畑の下草刈り

柿畑の下草がかなり伸びてきたのでオーレックの4輪草刈機とワイヤーの
刈払機で刈り込みました。


刈り込み途中!

IMG_3676.jpg



刈り込み終了!
さっぱりしました。

IMG_3677.jpg
posted by わたか農園 at 20:20日記

隣と物凄い差に・・・

IMG_3560.jpg

左側はわが家の水田です。右側は慣行栽培の水田です。
田植え時期はほぼ同じですが18日後の現在、苗の見た目には物凄い差がついてますね。

わが家は無肥料無農薬栽培ですから肥料を使っていないので苗の姿は
田植え時からほぼ1ヶ月は何も動きもありません。つまり田植えしたまんまという姿です。

無肥料無農薬栽培が環境にいいのはわかっているが、この苗の差に我慢ができるかどうかですね。
我慢ができずについつい肥料を入れてしまいますが、それでは無肥料栽培にはなりません。
せっかく「俺やってみるわ!」と言っていたのに、この苗の姿を見て断念する人、多いですね。


毎回思いますが田植えをして苗から新しい根が伸びて土中の養分を吸収できるようになるのに
10日はかかります。しかし無肥料で養分が土中に少ないので吸収できるようにとにかく根を伸ばします。
そのためエネルギの大半を根の伸びに当てているので葉の部分はほぼ成長がストップしてしまいますね。
もう少しして根が十分伸び切ると葉の方にも養分が行き渡り、成長してくれるかと思います。

毎回、田植え後の1ヶ月間の苗が他所と比べてみすぼらしいので胃が痛い!!!
posted by わたか農園 at 14:09日記

微小プラ世界の魚介類に

img20210404_17412696.jpg

今朝(4月4日)の中日新聞朝刊、第1面に大きく表題の記事が載っていた。

3月29日の記事
徐放性肥料カプセルも田んぼから海に流れて微小プラスチックになるという新聞記事をアップしていた。


記事によるともう世界の海は汚染され、貝類や魚も体内に微小プラを飲み込んでおり
それらを食べた人間も当然体内に微小プラを取り込んでいるとか。

日本人は特に魚介類が好きなのでこれは大変な問題ですね。

_| ̄|○
posted by わたか農園 at 18:18日記

徐放性肥料カプセルってなんだ?

img20210329_10453730.jpg
(中日新聞には当ブログに記事を掲載する許可を得ています)

今日(3月29日)の中日新聞12面「三重版」に掲載されていた記事によると
水稲の化学肥料を入れる入れ物のカプセルが浜辺や海に漂う「マイクロプラスチック」に
なって伊勢湾にも多数流れ込んでいるということです。

慣行栽培の水稲は元肥、追肥など何回も肥料を撒きますが俗に言う「一発肥料」と
言うものは田植え直後に効いてくる肥料、中間期に効くもの、開花期や登熟期に効くものが
多種類混合して徐々にその時期に溶けて効いてくるもので何度も肥料を撒く必要がないのです。

除草剤も一発除草剤があるので慣行栽培はそれこそ田植えから稲刈りまで一度も水田で作業する
こともないのです。
また水位調節もお風呂の水見張り番のように一定の水位になれば給水も止まり、水位が下がってくれば
また一定水位まで自動で給水されます。

こんな超便利な方法での米つくりがほとんどの今の農家ですね。

しかし今日の新聞記事の様に自然をなめているとしっぺ返しが起こりますね。
この水稲で撒かれた肥料の殻はマイクロプラスチックとなって海の生物やそれらから作られた飼料
などになって人の体に入ってきます。

人の考えることはミクロのことばかりでマクロ的な影響などは思いも寄らないのでしょうね。



手前味噌にはなりますがわが家は元から「無肥料・無農薬」栽培を1丁目1番地にしていますから
このような問題はもともと起こりようがありません。
それにお米は他の副食と違って毎食いただきますので無肥料無農薬栽培というのは
とても大事だと今日の新聞を読んで思いました。


なんか肯定してもらえたような記事でしたので嬉しくてアップしてしまいました。




posted by わたか農園 at 12:36日記

今季2回目の耕起おわり

2月21日~24日かけて今季1回目の耕起をしてから早1ヶ月。
そろそろ2回目の耕起をしたいと天気とにらめっこをしてました。
3月に入り天気が周期的に変わりなかなかタイミングがとれません。
3月21日の日曜日に予定していたのですが本降りの雨となり・・

その後なかなか田んぼが乾かないのでジリジリして待っておりましたが
やっと3月25日~27日(本日)にかけて2回目の耕起を行いました。

4枚の田んぼの状況です。
まだ一部柔らかい部分もありましたがなんとか終了しました。

まだ4月中頃にもう1回耕起してから代かきになる予定ですが、
天候が周期的に変わるので計画的にできないのが辛いとこですね。

IMG_3426.jpg

IMG_3425.jpg

IMG_3428.jpg

IMG_3430.jpg
posted by わたか農園 at 18:45日記

今日、種籾の消毒を行いました。

昨年までは外長屋の五右衛門風呂を使って種籾をお湯で消毒する
いわゆる「温湯消毒」を行っていました。
今年はついに五右衛門風呂の老朽化で漏水を起こすようになり、
思案してました。
風呂の修繕も左官屋さんに頼んだりすると結構かかります。

専門の「温湯消毒器」があるのですが結構な値段です。

天秤にかけて
 ・五右衛門風呂は作業員は最低2人は必要。
 ・温湯消毒器は1人でできる
ことなどを考慮して専用の温湯消毒器を導入することにしました。

タイガーカワシマ製の「湯芽工房YS-200L」です。

三相200Vの動力電源ですが乾燥機や籾摺機は三相仕様ですから
電源は問題ないのです。
ただ水温13度の水を60度まで上げるのに4時間ほどかかりました。

早朝にスイッチを入れて実際に作業できたのは10時半くらいからでした。
温湯消毒を終えてすぐそのまま「浸種」に入りました。
コシヒカリ系の籾の場合積算温度120度ですから今日の水温13度では
約9日間ですね。
毎朝水を入れ替えて9日目に芽出しを経て種まきという日程ですね。

今年もコメ作り始まりました。(^^)

IMG_3407.JPG


IMG_3405.JPG


IMG_3408.JPG




posted by わたか農園 at 19:37日記

最近の記事