稲刈り1週間後の状況

IMG_4759.jpg

IMG_4760.jpg

IMG_4758.jpg

IMG_4755.jpg

丁度稲刈り後1週間経った田んぼの状況です。
もう「ひこばえ」が生えてきて緑色になってますね。

そろそろ最初の荒起こしをする予定ですが
稲刈り後にまたまた雨が降ったのでザブザブになってます。




しかし土日なのでそこかしこでコンバインが稲刈りしていますね。
最近のコンバインは改良されているので泥の中へ20センチほど
沈み込むようなドロドロの田んぼでも稲刈りができます。

田んぼは荒れますけど。。。


IMG_4757.jpg

野上り!

今は行っている農家は少ないとは思いますが、私が子供のころは稲刈りが済んで無事お米が収穫できて
当時は全て農協に出荷していましたので集荷が終わると「野上り」と呼んでいわゆる
「野上り饅頭」を作って親戚中に配ったものです。

もう「野上り饅頭」を配ることはありませんが、わが家も本日無事「野上り」となりました。

お盆から長雨が続き果たして稲刈りができるのだろうかと気を揉んで天気予報を
何度も調べたりしておりましたが、長雨の間隙をぬって数日間晴れるという
情報をキャッチ、急遽8月19日、20日の2日間で稲刈りを行いました。

予定では8月21日~23日の間に行う予定でしたが調べるたびに天候が悪くなって
きてました。
早めに刈るか、あるいは遅らせるか思案のしどころでしたが19日、20日の2日間が
晴れの予報に変わってきたので早めに稲刈りを行いました。

IMG_4739.jpg

当日は義息子が手伝いに来てくれました。
初めてのコンバインによる稲刈り作業でした。

IMG_4746.jpg


刈り取った籾は穀物乾燥機へ運び水分値15%に乾燥させました。

その後来年用の種もみを選別しました。
種になるので特別に充実した優良な種を選別しました。

IMG_4748.jpg



そして昨日と今日の2日間で籾から玄米にする「籾摺り」作業を行いました。
籾を乾燥機から2階のホッパーへ上げた後、パイプを通って籾摺り機へ降りてきて
1次選別機、色彩選別機を経て計量器で20キロ用の米袋に玄米を充填して
保冷庫へ搬入しました。

一連のライン作業ですがこれも息子や義息子の手伝いがあり大変助かりました。

20キロの米袋を200袋以上も9段くらい積み上げるのは大変です。
私はできませんのですべてやってもらいました。(楽)

IMG_4750.jpg

IMG_4753.jpg



なにはともあれ本日無事「野上り」しました。!


そろそろ黄化してきました

IMG_4724.jpg


今年は他所よりも1週間ほど田植えが早かったのでお盆ころに黄化してくると
思っていました。
そろそろです。
明日から水田の水を落水したいと思います。
順調にいけば約」1週間ほどで土が固まりコンバインが入れるように
なればすぐに稲刈りをしたいと思ってます。

もうすぐですね。

出穂したのでそろそろ・・・

今年も無事に穂がでてきました。
8月のお盆過ぎからは稲刈りの時期を迎えるので今日は
1年間冬眠してあった稲刈り用の機械などの状態を確かめてみました。

なにぶん1年ぶりなので埃をかぶってますので、これから掃除や試運転を
行って無事に動いて作業ができるかチェックしたいと思います。
機械はある日突然、故障したりしますから。
それに修理するにしても補修部品の取り寄せまで1~2週間かかることも
あるので点検は早いにこしたことはありません。


今日は点検しやすいように広い場所に移動しただけですが明日から
追々やっていこうかと思ってます。

これらの機械がないと収穫ができないのですね。

・コンバイン
・籾搬送機
・穀物乾燥機
・籾摺り機
・1次選別機
・色彩選別機
・2次選別機兼計量器


IMG_4601.jpg

IMG_4602.jpg

IMG_4605.jpg


そろそろ出穂期か?

IMG_4598.jpg


見る限り水田全体で80%くらいは穂がでているようですね。

まだ穂はまっすぐ立っていますが、台風とか体温越えの極暑も
ないことから順調に受粉すると思われるので籾の中にでんぷんが
充填されることと思います。


もっともわが家は「中干し」をしませんので出穂が揃わないという悩みは
あります。

中干しの特徴は・・・
・肥料を入れることにより分けつが過多になりすぎ茎が40本程度になったところで中干しを行い、
 それ以上に分けつが進まないように稲を弱らせるということです。これは分けつが進み過ぎると
 無効分けつが増えて稲が弱るのでそれを防止するためですね。
・次に中干しを行うと前述のように稲が弱るので稲は「飢餓状態」になります。すると稲は生命の
 危機を感じてあわてて次世代に種を残そうとして種を作ります。これが出穂です。
 人が人為的に稲にとっての「生命の危機」を作るのでみんな一斉に出穂してくるという訳ですね。
・さらに土にひびが入るほど中干しを行って土を固めると根から倒れるタイプの倒伏を防止する
 ことができます。しかしこれは中折れ型の倒伏には効果がありません。


わが家は以上のような中干しをしていないのですが、無肥料栽培のため分けつ過多になることがありません。
というよりどんどん分けつをしてほしいのですが肥料をいれてないのでそんなに分けつはしません。
(35本くらいが精一杯ですね)

また出穂についてもそれぞれ準備の整った稲株から稲自身が自然と養分の吸収をひかえて自ら「飢餓状態」を作り出穂してきます。
自然はとてもうまくできています。
最初の穂から最終の穂までは大体10日間ほどの差がありますね。


この時期から稲は多量に水を吸収しますから常に水田の水位をチェックして水を切らさないようにしてます。

この水を切らさないという目配りは稲刈り直前の落水まで続きます。(^^♪













出穂期の畦草刈り

今年は若干田植えを早めに行ったことと今年の早い梅雨明け及び猛暑の
影響か、稲の穂が早く出始めました。
約80%の穂が出てきた時期を出穂期といいますがわが家の水田も
そろそろ出穂期を迎えようとしてます。
この出穂期から数えて40日くらいで稲刈りの時期ですが
今年はお盆過ぎころになりそうです。
コシヒカリの刈り取り適期は約2週間ですから8月のお盆から月末までの
間という感じですね。


昨日は出穂期の畦草刈りを行いました。

IMG_4595.jpg


これで稲刈りまで畦草刈りを行いません。
ボウボウになるまでそのまま放置します。
もっとも稲刈り直前には作業しやすいようには刈りますが、
害虫対策としての畦草刈りはこれで最後ですね。



それにしてもわが家の水田は相変わらず濁ってますな~

IMG_4597.jpg


よその慣行栽培の水田は透き透きの透明ですな。

IMG_4596.jpg






除草ロボット!

最近いろんな大学やメーカーで除草ロボットなる自律型のいわゆる
家庭掃除機のルンバの水田版のような機械が開発実験されている。

基本的には自由に水田内を動き回ってスクリュウ型の回転装置で
前進しかつ泥を搔き上げて水田の水を濁らせるというタイプです。
水を濁らせて太陽光線を遮断して発芽したばかりの雑草の光合成を
阻害して全体的に雑草の成長を抑制するということのようです。

わが家の水田は代かきをしてから田植えをして翌日には水深7センチほどに
しますが田植え後2カ月ほぼ経過しましたが濁りつづけてます。
もちろん給水口から新しい水を流すと半径5mほどの半円形に水が澄んできますが
給水を止めて半日ほどするとまた全面に濁ってきます。

もう来週には出穂してくるというのに、まだ田植えしてからずっと水が濁ってます。

こんな濁った水の水田なのに年によってはコナギやグワイが繁茂してきます。

水を濁らすだけでは除草効果は限定的なのかも知れませんね。

IMG_4580.jpg

IMG_4584.jpg


そこで雑草が繁茂してきた時のために「除草機」を準備しています。

1台目は和同産業の水田除草機で条間も株間も除草できる優れものです。
構造的に株間も除草できますが作業速度がめちゃくちゃ遅いです。1日かかっても5反ほどですね。




2台目は共立の3連カルチです。これは条間しか除草できませんが作業速度は速いです。
ただ株間は構造上できません。
IMG_1706.JPG

なんか帯に短したすきに長しです!

画期的な作業速度が速くて株間も除草できる機械の開発を切に希望してます。"(-""-)"

早い!早い!早すぎる出穂!

いや~今年は梅雨も6月27日には明けて連日35度超えの猛暑が
続いてますが気温が上がると当然植物の成長速度も早くなりますね。
(例年梅雨明けは7月20日前後です)

今シーズンのコシヒカリの出穂は7月初旬(7月5日~10日ごろ)と
予想しておりましたが、なんと今日、もうチラホラと出穂しているのを発見しました。

IMG_4582.jpg

IMG_4581.jpg


連日猛暑が続くと実は危惧していることがあります。
高温障害により受粉が正常に行われず実ができないということです。
分かりやすくいえば収穫時期になっても穂が垂れてこないのです。
受粉していないので穂の中にでんぷんが充填されないため穂が重くならずに垂れてきません。

垂れていない稲穂を見るのは辛いものです。
数年前8月のお盆ごろに体温超えの猛暑が続いたとき丁度遅れて植えた稲の
出穂時期と重なり約30%くらいの稲穂が垂れてきませんでした。
不稔というやつですね。

35度くらいまではなんとか受粉してくれるようですが体温越えとなると
心配ですね。
出穂時期は大体1週間から2週間ほど続きますがこの時期にどうか体温越えの
猛暑が続きませんように・・・

例年ですと8月中旬ころからの気温なのですが、今年は異常ですよ!
どうなることかと気をもんでいます。

手取り除草を行っております

IMG_4550.jpg


もうこの時期になると雑草のコナギやグワイも根がしっかりと根付いて
しまっているので除草機では効果的に除草ができません。

そうなると最後の手段は「除草鍬」を使って人力で苗の間の雑草を掻き出して
水に浮かせて枯れさせることしかありません。
しかしこの作業、暑い時期には大変です。
眩暈がしてきます。
汗もすごくかきます。
能率はすこぶる悪いです。
暑いですから作業は朝夕の涼しい時間に限られますし、水田内を歩いて
作業するので能率は悪いです。

1.9反の水田の人力手取り除草作業にもう5日ほどかかってます。
あと2日はかかるかと・・・

大変です。。。。


いよいよ今日から機械除草作業です

今年はジャンボタニシが沢山いるなと思って安心していました。
というのも芽吹いたばかりの柔らかい雑草の新芽をジャンボタニシが
食べてくれて機械除草をしなくてもいいかなと思っていたのですが
あまり効果がなかったようです。

水田の底の土を手ですくってみるとボツボツとコナギの芽が発芽して
おりました。
ジャンボタニシが大活躍をしてくれていたら手で土をすくっても雑草の芽は
確認できないくらいなのですね。

慌てて和同製の水田除草機を使って除草作業を行いました。

IMG_4494.JPG






IMG_4493.JPG
結構、細かいひげのような芽をだしたコナギの新芽が水面に浮き上がってきました。

風で畦に吹き寄せられているので網ですくって除去してます。
ゴールデンウィークは連日機械除草作業に明け暮れる毎日になりますね。

_| ̄|○


ジャンボタニシと意思疎通ができればいいんだけど
ドラえもんの「翻訳こんにゃく」が欲しい。
ジャンボタニシ語で除草をお願いしたいな。。。。




これ以下独り言・・・

(悪魔のささやき・・)
除草剤一発でこのような機械除草作業とはおさらばできる・・・
そりゃ誰だって飛びつくよね。
ゴールデンウイークだってどこかへ遊びに行きたいし。。。
除草剤一発使えばあとは稲刈りまでメンテナンスフリーだし・・・


(天使のささやき・・)
なに言ってるんだ。
除草剤は約2か月にわたって田面をコーティングして雑草の芽を焼く
そのため除草剤を使ったら水田内を歩かない→効果が半減する
稲はなんでもかんでも根からいろんなものを吸収している
当然除草剤成分も吸収していると思って間違いない。
人の口に入るものだからよく考えてね・・・

(私のこころ・・)
はい、わかりました。
明日からも連休使って機械除草に励みます。(^^♪
お客さまに安全なモノをお届けしたいですから。


苗箱の収納

洗って10箱づつまとめて乾燥させていました。

IMG_4452.jpg



10箱づつバンドで留めて農舎の2階の収納場所にまとめました。
意外とコンパクトに収まりましたね。
来年まで冬眠ですね。

IMG_4453.jpg


苗箱洗い

今日は朝から雨模様です。
午後から本降りとなってきました。
こんな日は屋内作業ですね。
農舎のひさしの下で、昨日の田植えで使用した苗箱をきれいに
洗ってます。

苗箱の裏まで根が伸びていますのでその根をまとめて苗箱の表を
拭いてきれいにしてます。


IMG_4445.jpg

IMG_4446.jpg


今日は雨の1日でやや肌寒いです。


代かきと田植え(まとめ)

4月20日に代かきを行いました。
たっぷりと水を含んでますのでほとんど土のようですが代かきを
するとしっかりとコナレて水がでてきますね。
いい感じです。

IMG_4423.jpg


代かきをするとどうしても屑稲わらなど水に浮くゴミが生じて風に吹き寄せられて畦に厚く溜まります。
苗を植えるとこの吹き寄せられた稲わらなどのゴミに苗が押し倒されて水没することが
あるのでできるかぎり網ですくって取り除きます。
苗が水没すると米はできませんから・・・

IMG_4420.jpgIMG_4422.jpg


代かきから2日後の今日、田植えをしました。
田植えの時期は
・苗の成長の具合
・天候の具合(特に強風に注意)
・補助者の都合など
を勘案して決定しますが予定通りにいかず急遽変更することも
しばしばですね。
今年は予定通りでした。

IMG_4443.jpg

IMG_4444.jpg



なんとか無事に終わりました。
いま、ほっとしてますがこれから1か月にわたり各種水田雑草との戦いがはじまります。
除草剤を使わない「無肥料無農薬栽培」ですから雑草との戦いは主に機械除草です。

じつはもう5~6年前から「ジャンボタニシ」が繁殖して慣行栽培の水田では被害が
報告されてます。
しかしわが家の水田での被害は極小なのです。
いやむしろ芽吹いたばかりの雑草を食べてくれるので除草効果が抜群なのです。
機械除草ではよくて50~60%の除草率なのにジャンボタニシによる除草率は
ほぼ100%なのですね。
すごい除草率なのです。
除草剤並みです。

IMG_4427.jpg

ぼつぼつと石ころのようなジャンボタニシがいますね。

今日から田んぼに入水

今日は給水口付近の養生をした後、給水口を開けて田んぼに
水を入れ始めました。

IMG_4414.jpg

IMG_4415.jpg

IMG_4416.jpg

IMG_4417.jpg


2~3日ほど給水してたっぷりと土に水を含ませてから代かきをしたいと思います。

いよいよ田植えまじかとなってきましたね。

畦シート設置

今日の日曜日はとても忙しい1日でした。
町内の草刈り出合いとその後の用水路泥上げ作業・・
続いて農家のみによる田んぼ周囲の小溝掘り作業が
ありお昼までかかりました。

昼食後は田んぼの排水口付近の養生をしました。
畦シートを排水口の左右に張りました。
全部で9か所も排水口があるので終わったのが丁度午後6時でした。

かなり疲れましたわ。
_| ̄|○

IMG_4400.jpg

IMG_4401.jpg

IMG_4402.jpg

IMG_4403.jpg

posted by わたか農園 at 19:36お米

代かき前の田起こし

田んぼの周囲の畦もかなり草が伸びてきました。
4月10日(日)には町内一斉草刈り出合いと排水路の泥上げ、
農家のみの小溝掘りと作業が続きます。

それまでに自分所有の田んぼの畔草を刈っておかないと
なりません。

IMG_4392.jpg

IMG_4393.jpg

4月5日~4月7日にかけてオーレックの4輪草刈り機をワイヤー式の刈り払い機を使って
全田んぼの周囲の草刈りを行いました。



さらに4月8日と本日(4月9日)にかけて4枚の田んぼの田起こしを行いました。

IMG_4397.jpg



田んぼに水を入れるまであと2週間ですからフカフカのベッドを作っておきます。

posted by わたか農園 at 18:07お米

プール育苗の苗の状況

3月26日に種まきから1週間で保温用のシートを外しました。
最初は発芽したばかりの芽で一部緑化が不十分な箇所がありましたが
日に日に揃ってきました。


IMG_4363.jpg

IMG_4369.jpg

IMG_4382.jpg


4月2日・・今日の苗の状況・・ほぼしっかりと揃ってきましたので今日から苗踏み開始ですね。

IMG_4386.jpg

posted by わたか農園 at 12:37お米

保温シートを外しました

保温シートを外した直後の苗の状況・・・
IMG_4340.jpg




今日の午後からハウスのプールに並べていた苗箱にかぶせていた保温シートを
外してプールに水深1センチほど入水しました。
いよいよプール育苗の開始です。

保温シートが二重に重なったところと極一部の苗が緑化が済んでいませんが
明日から日の光を受けて徐々に緑化が進むと思います。

また一部成長の差が見られますがこれもプール育苗だと徐々に周りと揃ってくる
ので特に心配はしていません。
順調ですね。
1週間後はピシっと緑色に揃ってきますね。


種まきからこのハウスの中で保温シート外すまでの1週間が育苗期間のなかで
結構気を使いますね。


posted by わたか農園 at 16:02お米

種まきとハウス並べ

時系列でいうと
午前9時から農舎の2階から苗箱を下した
午前9時半から苗箱に床土を入れる作業
午後0時45分から苗箱に種まきを行う(1回目)
午後1時45分からハウスへ運び並べてシートをかける(1回目)
午後2時40分から苗箱に種まきを行う(2回目)
午後3時40分からハウスへ運び並べてシートをかける(2回目)

以上で無事に種まきを終えました。

ハウスのサイドを閉めて保温に努めている状態です。
ちょっと寒くなるという予報なので心配していますが・・・


IMG_4314.jpg

IMG_4317.jpg

IMG_4318.jpg

IMG_4320.jpg

IMG_4323.jpg

IMG_4324.jpg

posted by わたか農園 at 21:31お米

プール育苗用のプールの準備

3月19日には種まきを行いすぐにプール育苗用のプールに
苗箱を平置きに並べるので、プールの掃除と水を貯めるので
下地用のビニールシートを敷きました。
そのあと直接苗箱を置く黒色の凸凹シートを敷いて完成です。

IMG_4296.jpg

今日は天気が良くてハウス内の温度は30度もありました。
蒸し暑くはなかったのですが汗だくになりました。

あと1週間で今シーズンのコシヒカリの種まきです。

いよいよですね。




posted by わたか農園 at 12:51お米

最近の記事