やや!もう出穂です・・これはヤバイです。!!!

今日は午前7時半から4枚の水田の畦の草刈りをしました。
息子が休みなので9時過ぎに助っ人に来てくれて斜面刈り機は息子が
私は刈り払い機を使って細かい所を分担しておりました。
お昼前になり最後の1枚の水田を刈っているとき、斜面刈り機が水田の中に
転落し横倒しになってしまいました。
当然エンジンストップで再起動できません。
仕方ないので刈り払い機で刈り終えました。

災いはどこからやってくるかわかりませぬな~

草刈り

午後からは7反の水田の手取り除草をしておりましたが、カミさんが
なにやら農道から呼んでいます。
  「もう稲の穂がでてきたわ!」
もう出穂ですか?
丁寧に写メまで見せてもらったので間違いなさそうです。


夕方になりまだ数日はかかりそうな手取り除草の進捗状況ですが
普通畦に近い所が生長が早いのですが中央部でもちらほら出穂を
確認しました。
出穂すると花粉を散らしてしまうので水田の中には入れません。
明日気合を入れて残りを完遂できるよう頑張りたいと思います。<(_ _)>

稗の穂
稗の穂


稲の穂
稗の穂


なんか稲の穂は優しい感じを受けますね~。
生産者の欲目でしょうか?



ところで妙な蜘蛛の動きを見つけました。
この蜘蛛助くん、沢山いますので水田の中を歩くと彼らの蜘蛛の巣を
壊してしまいます。
怒って私に飛び乗ってくるとは思わないのですが、作業中に首や耳が
痒くなるのは彼らのせいかも?

そんな彼らですが妙な動きをしてました。
動画を貼りました。
↓    ↓    ↓









稗が再活着してきました

2巡目の手取り除草をしています。
1巡目の手取り除草の時、先を急ぐあまり最後の区間を
写真のような道具を使って除草しました。
除草用の穴あきホーですがじつはこれを使ったことが
稗の再活着に結びついたようです。
このホーを使った区間で稗の穂が伸びてきてますね。

ホーの刃先2


理由は2つ考えられると思うのです。

・ 1つ目は
    稗を手で引き抜く時、根を水の中で揺すって土を落としてから
    水面に浮かべますが、ホ―を使うと根を土ごと引き抜いてしまいます。
    稗は根に土が付いたまま重いので根が底について斜めに水の中でなっています。
    こんな状態なら簡単に再活着してしまいますね。


・ 2つ目は
    稗は引き抜かれたりして生存の危機に直面すると種の保存を最優先するみたいで
    まだ若いのに(人間でいえば小学生程度くらい)もう穂をつけて子孫を残そうと
    する。


稗の穂が所々に出てきたので手取り除草の作業前に目視で稗の穂の位置を
確認しては、鎌で穂先を刈って腰かごに入れて畦に捨てるということをしてます。
多分7月20日前後から稲の穂も出始めるのでそれまでの10日間くらいまで
この作業を続けます。
稲の穂がでるとしばらく田んぼには入れませんね。





まぁ雑草は稗以外にもグアイやコナギも繁茂しているのでそれらも手取りしてます。



コナギの手取り除草前・・・
除草前


コナギの手取り除草後・・・
除草後



除草してサッパリしましたがまた10日も経てば生えてきますからね~
きりがありません。
稲が大きくなって日陰ができるとそう影響もないのですね。
日陰ではあまり成長できませんからね。


雨の一日といえばすることはひとつです!

今日の天気予報では午前9時からお昼過ぎまで1ミリの
降水量で午後からは本降りになるということでした。
それで8時半から7反の水田の手取り除草をお昼まで行って
帰ってきました。
最初は合羽を着て作業に入ったのですが霧雨のような雨で
雨で濡れるより汗でベタベタにシャツが濡れてきたので
合羽は1時間くらいで脱いで畑の竹の支柱にかけておきました。

作業中、お昼前には少ししっかりした雨になってきたので、
もう止めようかと思ったのですが水田の端っこまではやろうと
思って作業をしていたら最後はしっかりと濡れてしまいました。(>_<)




午後からは雨も本降りになってきたのでカミさんが4枚の水田の排水口を
半分開いてきてかなり落水させるようにしてきました。
わが家の水担当はカミさんなのですね。(#^.^#)

私は今年の役目を終えた和同産業の水田除草機の清掃を行いました。
除草機のカバーを全て取り外して雨の中「エンジン式高圧洗浄機」で
一気に泥を吹き飛ばしてしまいました。

ものの5分くらいで完了!綺麗になりましたね。(^^)


農舎の中に入れて乾燥中です。
雨なので乾燥も数日かかりそうですが、しっかり乾燥したら
グリスアップと給油をして来年まで暫しの冬眠に入りま~す。

今年は色々アクシデントもあったけどお世話になりました。<(_ _)>


和同水田除草機の洗浄



和同水田除草機の洗浄2



今シーズン最後の機械除草終わりました。

今日、午前8時半から2.6反の水田の機械除草をしました。
終了は午後2時半でした。
お疲れ様でした。
和同産業の水田除草機・・様さまでした。

和同水田除草機

今回はいろいろアクシデントもありました。
除草爪のクラッチを切ってもいつまでも回転し続ける症状が出たり、
出なかったり・・・時々発生するのです。

水田で除草作業中、突然進まなくなってしまいSOSで結局動力伝達用の
安全ピンが飛んだとのことで応急的にコンバイン用のピンで代用したり・・・

はたまた今度は除草する肝心要の除草爪が回転停止してしまい・・ワイヤーの
断線と判明したもののこれは半日以上修理にかかり予定が大幅に狂うことと
なり。。。今日の除草時間の大幅延長に続いてきたのですね。
つまり数日除草が遅れたため雑草が大きくなっていたので除草機の作業速度を
低速で行うはめになったという訳です。

ひとつのアクシデントが大きく後々まで影響してきますね。


まぁ何はともあれ機械除草はこれで3回目ですから終了です。

あとは手取り除草に入るかどうかですが、7反の水田の手取り除草で
手一杯なのでおそらく入らないと思います。


ちょっと一服してま~す。


しかし今、カミさんから畑を管理機で起して欲しいと言われたので
ちょっと行ってきま~す。
     ・
     ・
     ・





やっちまいました!_| ̄|○

今日は6.6反の水田の3回目の和同除草機の日です。
かなり気負ってます。

去年までの機械除草では条間はできるが株間は出来ないので諦めていました。

しか~しこの和同の水田除草機は株間も綺麗に除草できるので、
こうなるとしっかりと除草をしてみたい、いや出来るはず、と思って
除草機の除草爪を深く土に入るように調整してしまいました。
いやこれはしっかりと取れるわと思って調子にのってました。

これだけ深くすると除草爪と土の摩擦が大きくなり除草爪を回転させている
ワイヤーに負荷がかかり過ぎたのですね。



今日、ついにやっちまいました。


8枚ある除草爪のうち1枚の爪が回転してません。
前から向かって右から2つ目の爪が回転してません。
エンジン停止して手で爪を回すと正常なら回らないはずなのにクルクル手で
回せます。

残りあと5~6メートルだったのに作業を中止して帰宅しました。


今日は月曜日なのでヤンマーさんは定休日です。
それで製造元の和同産業へ電話して事の状況を伝えました。
担当者さん曰く
 「どうも動力伝達用のワイヤーが切れたようですね。」

そういえばこの除草機を購入した時に予備のワイヤ―を4本もらってました。
そのうちの1本と取り替えるということですが技術的なことは
分からないので休みではありましたがヤンマーのMさんの携帯に
電話して取り替えの件を頼みました。

これって結構切れやすいのかも?
そうじゃなければ購入時にわざわざワイヤーが予備品として
ついてきませんものねぇ~(^^)

ワイヤーが切れやすいというのは意外な結末でしたね。


和同除草機






稗と稲の区別がつかん事態になってきたぁ

じつは昨日から手取り除草二巡目ですが、ちょっと稗と稲の
区別がはっきりしない事態になってきてます。
田植え機で植えたので碁盤の目のように整然と苗が植わってます。
この整然と苗が植わっているのでアンバランスな位置にある苗は
「稗」の可能性が大ですね。

一応このアンバランスな位置の苗を中心に見ていきます。
それと茎の節の部分に綿のような毛があるのが稲で、毛が無いのが
稗ですからそれらを参考にします。



今日、手取り除草をしていて苗がアンバランスな位置にあるのだけれど
節には稲を示す「毛」があるのです。
判断に迷いました。
何度も目を凝らして見ましたが一応稲と判断して抜かずにおきました。
もうちょっと生長すると葉色が濃くなってくるのでよくわかるのですね。

そんなのがかなり沢山ありました。


自分なりの思うに、田植えとか除草作業で浮いてしまった稲の苗が水面を
漂ううちに再活着したのかもしれません。
今の時期ですと正しく植えられた稲はもう引き抜くのがシンドイ位に
しっかりと根を張ってますね。
再活着した稲はまだ根がそれほど張っていないので雑草と同じくらいの
力で簡単に抜けます。


しかし結構な数があったのでちと心配になってきました。
まぁ大丈夫とは思いますが・・・

手取り除草



あんた!何処から来たん?

今日も午前中は2.6反の水田の動力除草をしてました。
水深が浅かったので給水口から急いで水を入れながらの
作業でした。
濁っている水が給水口の回りから水が澄んできてます。
う~ん、かなりコナギが繁茂してますね。

しかしこんなに繁茂しているコナギでもこの和同の水田除草機で
一発で株間も除草出来てしまうのですね。
なんかもうこの除草機がなければ無農薬栽培は出来ない気がしてきましたね。
それほど除草効果が凄いです。

ヤンマーのMさんに聞いた話では、中国地方からの注文が多くて
最近「岡山出張所」を新設したとか。
この調子では全国制覇も目前かも?

そんな和同の水田除草機ですが水田の端に行くとどうしても斜めになって
しまうのでそんな時はテクを使って乗り切ってます。

和同除草機


半分ほど除草作業を進めてきたときカミさんが給水口のところで
呼んでます。
何事かと思って止まると、大きな亀さんがいました。
「あんた!何処から来たん?」と訊ねても返事をしませんので
仕方なくバケツに移動してもらって櫛田川へ戻ってもらいました。

いろいろ居ますわ。
わが家の田んぼは・・・

水田の亀さん


ネットで検索したら小判の形してますから「ニホンイシガメ」のようですね。

日本の在来種とか・・・






除草機が水田の中で突然ストップ!

今日は張り切って朝の7時半から6.6反の水田の機械除草を
行いましたが作業開始早々に除草爪は動くのですが機械自体が
前進も後退も出来なくなりました。
突然のストップです。

遠くの方に除草機止まってます。
  ↓    ↓    ↓
突然のストップ


ヤンマーのMさんに連絡しようにもまだ会社に出勤していないのです。
こんな時のために秘密の番号にSOSの電話をしました。
ヤンマーのMさん、すっ飛んできてくれて修理してくれました。
どうも原因は分からなねど、ギアボックスのピンが飛んでいたようで
応急的にコンバインのピンで代用して取り付けて修理完了です。
純正品は和同に送ってもらい後日ピンを交換するとのことで、今回は
これで作業を続けられますね。コンバインのピンでちと心配ではありますが・・・

修理中ナリ!




ともかく除草作業ができるようになったのでその後は順調に作業を
続けました。
ちょっと除草作業はこんな感じです。
雰囲気だけでも・・・動画貼りました。↓





除草作業は午後7時前にやっと終了です。
お疲れ様でしたぁ~(^^)
ふ~

やっと作業終了!



和同除草機

今日、ヤンマーのMさんがやってきた。


私が和同産業の水田除草機を使って除草作業をしているのを
先日見学していった隣町のKさん、あれから即決即断ですぐに
購入して自分の5反ほどの水田でもう2回ほど除草作業を行ったとか。。。
御年78歳です。
凄すぎですね。。。


Kさんは隣町の町長まで務めた人ですからその判断力は並み外れているとは
思うが、この除草機の除草効果には大満足ということでした。
私も嬉しいですね。


条間の除草が出来る除草機はいくつもあるが株間の除草が出来る機種はこのタイプ以外
知りません。
いやこのタイプ以外は無いと思います。
唯一無二の除草機ではないかと思われる。


ヤンマーのMさんともっと早く知っていたらな~と話をしていたのです。
以前3本の矢の除草方法を行いたいと記事にしていたがこれからは
この1本目の矢のみで条間も株間も完全に除草できるので、
この除草機1本でいこうと思ってます。
ただ難をいえば作業時間がかかるということですね。
1反当たり1時間半ほどかかります。

明日は6.7反の水田の除草ですから朝の7時に作業開始しても
終わるのは午後5時ころになりますね。

がんばるかぁ~(^^)

78歳には負けられん!!!







除草機(器)・・・使用雑感

過去、幾多の除草器(機)を作っては壊し、また購入しては試してみた。
それなりに効果があったものやなかったものなど自分なりに
その除草効果などについて記したいと思う。

あくまでも私が私の田んぼで実際に試してみた結果の「私見」であるので
了解ねがいたい。
土質が変わればまた違った結果になるかもしれない。



○基準点・・・和同産業の水田除草機を100点とした場合の各除草機(器)
       の除草効果について点数化した。
       和同の水田除草機は条間、株間ともほぼ完ぺきに除草可能である。


・アメンボ号(60点)
   走行系のみ動力であり除草部は走行に合わせて羽根が回転し土をかき回し
   初期の除草が行えるものであるが、かなりの走行速度がないと効果がない。
   株間の除草効果が低い。


・チェーン除草器(50点)
     ・基本形の鉄パイプに工業用チェーンをたるませて取り付けたモノ
     ・チェーンを簾状に取り付けたモノ
   広い面積を縦横問わずに除草できるのは魅力的ではあるが
   その除草効果は限定的であると感じた。
   やらないよりはいいという感じである。


・ビニペット除草器(30点)
   3センチ間隔でビニールハウス用のビニペットを簾状に取り付けてその効果を
   試したが、効果はチェーン除草器より劣っていると感じた。
   土の上にビニペットによりひきずったスジがつくだけで除草効果はほとんどなかった。

・竹ぼうき除草器(40点)
   これも上記のビニペット除草器同様であるが何回も往復させれば効果がみられたが
   効率的ではない。


・共立の動力除草機(70点)
   条間を動力式回転刃で土を雑草ごとまきあげて除草するモノで効果は絶大であったが
   株間の除草ができないのである。


・ミニエース(50点)
   わが家は深水栽培であるためミニエースは舟が付いているため深水の場合は
   浮いてしまい効果的な除草ができなかった。
   浅水であれば効果が見られると思うがこれも株間の除草ができないのである。


以上各除草機(器)について私なりの私見を記した。(^^)
どなたかの参考になれば幸いです。


草刈りと除草終了!

今朝から自家用の精米をしてから2枚の田んぼの畦草刈りを
しました。
しかしこれがエンジン不調でなかなかかかりません。
なんどもなんどもリコールを引っ張るのですがエンジンは
うんともすんともかかりません。(>_<)


もうだめや~と諦めかけた時・・・やっとエンジンがかかりました。
最近、わが家のオーレックの斜面刈り機はどうもエンジン始動不良に
なることが多いです。

作業途中で一旦エンジンを止めてからの再スタートが出来ません。
エンジンは温まっているので問題なくすぐにかからなければいけないのに
何度リコールを引いてもかからないのです。

一度メンテナンスに出した方がいいのかも?
今日は30回くらいリコールを引いてなんとかかかりましたので
予定の作業はできましたが・・・
これから夏場にかけてこれが何度も起こると辛いモノがありますね。

斜面の草刈り


午後からは水田の手取り除草です。
今日でなんとか無事1回目の作業が終了しました。
やっとです。助かりましたぁ~(^^)


2回目の手取り除草は1回目で粗方取ってあるので
 ・見逃した、あるいは勘違いした、または判断に苦しんだ稗
を厳密に見極めながらじっくりと見て引き抜いていく作業になりますね。

これは葉の節をじっくり見て綿のようなものがあれば「稲」ですからね。
節がツルンとして綿のようなモノが付いていなければ「稗」ですから
引っこ抜きますね。

この手取り作業の機械化が将来的には出来ないものかだろうか。
この世の中が無農薬の世の中になれば出来るかも?


2.6反の水田の機械除草と手取り除草

昨日は雨で除草作業が出来なかったので今日は朝の7時半から
始めましたよ。
わが家には4枚の田んぼがありますが各々特色がありますね。
この田んぼは比較的雑草も少なくて良い田んぼなのですね。
毎年2回か3回ほど除草するだけで手取り除草はほとんどしませんが
それほど雑草で泣かされたということはありません。

それでも絨毯のようにコナギが発芽してますね。(>_<)
機械除草ですから強制的に爪で土をまき上げてしまいますから根の浅い
コナギは一網打尽という感じで浮いてきます。
またまた浮いたコナギは風下に吹き寄せられてしまいますので網ですくい取る
作業が待ってます。

和同除草機

コナギすくい



お昼過ぎには終わったのです。
今度は7反の水田の手取り除草です。
水深は10センチ~12センチほどあるので今までのように手で引き抜いた
稗を腰かごに入れて外に運びだすというのを止めました。
引き抜いた稗をそのまま水面に浮かべておくようにしました。
これで能率上がりました。今までの約2倍のペースで作業が進みました。

手で稗を引き抜く→そのまま根に付いた泥をすすぐ→水面に浮かべる

これだけですから楽です。(#^.^#)

手取り除草の跡

水面に浮かべた稗は水深が深いので再び根付くことは出来ずそのまま茶色く
枯れていきますね。
(稗は水深が浅いとゾンビのように復活してきますよ(>_<))

あと4列+枕地の4列で合計8列で1周目終了ですね。
1周目が終わればまた最初から2周目の手取りをします。

きりがないですね。(._.)


和同除草機の威力凄いですねぇ

今日は朝の7時半から夕方の6時20分まで和同除草機で除草してました。

和同除草機



流石にチェーン除草器の比ではありません。
まさに根こそぎという感じでコナギが一斉に浮いてきます。
コナギが風で畦に吹き寄せられ一部は黒くなってますね。
凄い量です。
チェーン除草器ではこれほどのコナギは取れませんね。

和同除草機とコナギ


そんなコナギを放置しておくと苗を倒してしまうので網ですくって取り除いて
ました。

コナギすくい



しかしあともう少しで終わるという時にカミさんから電話です。
 「もうそろそろ歯医者さんへ行く時間やに。痛いんやろ。
  はよう帰ってきて歯磨いて、時間ないよ。」
ですと。

じつは1週間ほど前から下の奥歯が痛いのです。
以前歯医者さんにもらった抗生物質も飲んだのですが効果なしで
今朝から痛みが増してきたので今日の最終時間に予約してあった
のです。

早速歯医者さんへ行ってきました。
もう抜いた方がいいかも?と言われたのですが
先生、なんとか温存療法で・・とお願いしました。
では・・・と先生、麻酔を打って切開して膿を出して・・これが
麻酔を打っているのにとても痛いのです。
真っ赤になって耐えて耐えて・・・
ここでしきなり痛み止めをすぐに飲んでと言われ診察台の上の乗ったまま
飲みました。

明日も明後日も消毒に来て下さいね、と言われ帰宅してきましたが
帰宅後1時間くらいは痛かったです。

今はなんとか痛みが消えて一安心です。
歯痛はたまりませんね。(>_<)

ホーを使ってみました。

連日、7反の水田で稗の手取り除草をしているがどんなに頑張っても
1日に6列しかできないです。(長さは90mありますから)

毎年そうですが、問題にぶつかると別の方法を模索してます。
手取り除草は効率からいえば低いので能率的にホーを使ってみることに
しました。


ホーの刃先  ホーの刃先2 

刃は両刃でギザギザ形と平形となってます。
これで株間の稗を引き倒して水面に浮かせていきます。

しかし引き倒したとき根に泥が付いていると泥の重みで水中で斜めに
なった状態なのでまた数日で根付いてきますのでしっかりと泥を除去
しておくことが大事です。
すると水面に浮いてますから1週間程度で枯れて茶色くなってきます。

効率は手取りの6倍ほどになりました。(^.^)

あと7列くらい残りましたが、明日、明後日と別の水田で
和同の除草機を使いますので手取りは一時中断ですね。
3日後には手取り除草を再開します。


ほんとは手取り除草で悪戦苦闘しているようでは雑草対策が失敗して
しまったということですね。
水田の中を手取り除草で歩くことは歩くのですがたまに稗を引く抜く
程度がいいのです。
これなら余裕で2~3日で終了です。
これが理想なのです、現実は厳しいですね。。。(>_<)


最近愚痴っぽくなってきた。。。いかんな~


(#^.^#)





大型のプランターを使ってます。

連日手取り除草をしている水田は縦が90.5メートル
横が81.2メートルあります。

田植え機で田植えをしたコース通りに歩いて稗を手で抜き取ってますが
今日一日かかっても6コースの除草が完了しただけでした。
なかなか進みませんね。毎日手取り除草を行って11日ほどかかるという
計算になります。枕地を入れれば12日かも?




午後からはカミさんがホームセンターで買ってきてくれた容量20リッターの
「大型プランター」を使いました。
以前のモノは12リッターでしたからほぼ倍増ですが、それでも90メートルの
長さを手取り除草するとなると最後の方は山盛り満杯になってしまいます。



満杯の稗

プランターにこんな使い方があるなんてね~(^.^)
誰も思いつかないと思いますね。


最初は空なので腰に抱えて抜き取った稗を入れます。
ある程度貯まると重くなってくるので水面に浮かべますが
最初はフラフラして横倒しになったりして不安定ですが
雑草が半分ほど入ると安定してきます。
しかし満杯になると底が土に着くので引っ張るのが重くなりますね。
気合で引っ張ってます。(>_<)











寸暇を惜しんで手取り除草・・・

今日も水田の手取り除草でした。
流石に稗も大きくなってきたので今まで使っていた腰かごでは
すぐに一杯になってしまうので、今日からはプラスチック製の
「プランター」を使うことにしました。
幅25センチ、長さ60センチ、深さ20センチありますから
これなら腰かごのほぼ3倍ほどは入りますね。


ここ1週間ほどは2回目の田植えと差し苗作業で多忙でしたので
手取り除草が出来ませんでした。
その間に稗はしっかりと成長しておりましたね。(>_<)
かなり大きくなってました。


田んぼの畦に引き抜いた稗を腰かごからドサッと捨ててあるのですが
1週間前までの捨ててある稗と昨日、今日と引き抜いた稗を比べると
子供と大人ほどのサイズの差が見られます。


いやはや、稗の成長は凄いモノですね。


この手取り除草を反省して2回目の田植えをした水田の除草方法を
思案してます。
2回目の田植えは6月2日に行ったのですが、8日目の6月10日には
和同の動力除草機での除草作業をしてみたいと思います。
いきなり第3の矢の出番です。
これが上手くいけば第1の矢と第2の矢は必要ないかもです。
はてさてどうなるやら。。。


水深は最浅で7~8センチほどありますので和同除草機には最適の深さと
なってます。
この水深を稲刈り直前まで維持ですね。


差し苗が終われば速攻で手取り除草に・・・

早朝から一昨日の差し苗の続きです。
午前中には作業終了と思っていたのですが、最後の方で
苗が二重に植わっている区間が多々あり、苗を抜いては
差し苗をするという作業で時間を喰ってしまい終了は
午後2時過ぎになってしまいました。

余った苗


遅いお昼を食べてから今度は1ヶ月前に田植えをした田んぼの手取り除草です。
主に株間の稗を手で抜いてます。
稗は稲にとてもよく似ているので見分け方が大事です。

その1 碁盤の目のように規則正しく植えてあるので不規則な場所に
    生えているのは多分・・・稗です。

その2 稲は深く植えてあるのと結構根を張っているのでちょっと引っ張っても
    抜けませんがまだ根の浅い稗はすぐ抜ける。

その3 稗は茎の節がすべすべですが稲は節に毛が付いている。
    これはちょっと経験が必要かも?

以上の3つを駆使して手取り除草をしてます。

また目視で行うので見落とし、見間違い、思い込みなどですり抜けた稗も
必ずありますから何度も行いますね。
そのため少し時間できれば速攻で田んぼへ行ってます。

昼間の余暇時間の全てを手取り除草に充ててマス。(*^^)v


除草剤を使えばこの時間は余暇に使えます。
やっぱり誰も真似しませんね。
この除草作業を「苦」と感じなくなれば出来るかも?


手取り除草は除草機と違ってエンジン音がしないのでとても静かです。

小鳥の囀りや虫の声などで結構癒される時間でもあるのですね。

(ちょっと中腰の姿勢はキツイですけどね(>_<))



寸暇を惜しんで手取り除草

午前中はお米の発送と農協の展示会へじい様と行ってきました。
毎年の展示会ですが特に目新しいモノはなく短時間で帰ってきました。
帰宅後午前10時からお昼まで寸暇を惜しんでの手取り除草に入りました。

以前こんなことを言われたことがある。
 もうそんな季節か。
 あんたが除草で田んぼに入っているのは風物詩やな~
と・・
なるほど風物詩ですか。
毎年この時期になると田んぼの中を歩いてますからね~~~
(^^)




今日は午後からとても暑くて農舎の中の寒暖計が35度を示していた。

 「こんな暑い日に田んぼに入っていたら人からなんと言われるかわからん」
とじい様がポツリと言ったので急遽お昼休憩を延長して
午後4時ごろからの作業にしました。
午後4時から午後7時までですね。
これから朝晩の涼しい時しか除草作業ができないかと思われますね。

田んぼの中は水が張ってあるので風があるととても涼しいのですが・・






手取り除草前
手取り除草前

手取り除草後
手取り除草後

どうですか?
手取り除草前は苗と苗の間がなんかモサモサしてませんかね。
手取り除草後はスッキリですね。


でも人の目で見て雑草を抜き取っている訳で完全には抜き取れませんから
見逃した雑草は当然勢いづいてきます。
手取り除草は何度も何度も繰り返して見逃した雑草を発見して抜き取る作業
なのです。

厳密にいうと稲刈り直前まで続きます~~~
しかしその前に体力的に・・・
  「もういいかな~」
というところで終了となりますね。_| ̄|○


さぁ明日は2回目の田植えでイセヒカリを植付ます。


苗を植えてしまえばまた一から除草作業が待ってます。

今の時期が一番しんどいかも?
1回目の田植えの手取り除草と並行して2回目の田植えのチェーン除草や
機械除草を行いますからね。


この手取り除草の「機械化」ができれば私的には
「ノーベル賞」級のモノなんですがね・・・

できないものでしょうかね、手取り除草機って!!!
CCDカメラで映像データ化して苗は四角形の各角に植わっているので
それ以外の場所に生えていれば雑草の訳ですからそれをアームが引っこ抜く。
ちょっとSF風ですか。
しかし困ったことが。。。
稲の苗の真ん中からニョキっと生えている雑草のあるわけで・・・

そんな時はお手上げですね。
でももう少しすると雑草の葉色は稲より濃いのでそれを目当てに引っこ抜きに
田んぼへ入ることもありますから・・・




えらい丁寧やな~と声をかけられる。

今日の午後から水田で手取り除草をしていると町内のTさんから
 「えらい丁寧やな~」
と声をかけられた。

慣行栽培(肥料+除草剤+農薬散布)なら田植えは植え残しが出来ないように
額縁状に植えます。
この方法は除草機を押す場合には不都合なことになるのでわが家では
額縁状に植えていません。
サンドイッチ状という形ですね。
この方が除草機を通しやすいのですね。


除草は無肥料無農薬栽培の肝です。
肥料を入れない環境では自然の養分を稲と雑草とで争奪戦になるのです。

植物の養分の争奪戦とはつまり「根圏」がどこまで勢力を広げているかに
かかってきている訳です。
稲の根圏が雑草の根圏を凌駕すればそれほど雑草の影響を受けないで立派に
生長できますが、逆の場合は稲はとても貧弱な実りになってしまうのです。

除草剤の威力は完全に雑草を根絶やしにするが、除草機の場合は上手くいっても
50~60%程度の除草ができれば恩の字であると思う。
従って除草というより減草ということです。

稲に影響のない程度まで減らせればよいのですね。

除草作業の最終段階はいわゆる「手取り除草」であるが
手取り除草は田植え後1ヶ月ごろから始まる。
チェーン除草や動力除草機による除草はこの最終段階の
手取り除草に至るまでにいかに雑草の全体量を減らせられるかにかかっている。


この時期までに如何に「減草」させておくことが出来るかがとても大事です。



3本の矢

現時点で選択している除草方法

平成26年6月18日にこの3本の矢を修正しました。
チェーン除草器も共立の3連除草機も使わず
和同の水田除草機のみでいけると思います。
   ↓      ↓      ↓
http://wataka-nouen.seesaa.net/article/399757192.html

キーワードは「3本の矢」



1本目の矢
    田植え後2週間までは4日置きくらいにチェーン除草器を
    引く。所要時間は1反当たり10分強程度である。
    目的は田面の高い部分の雑草の芽をチェーンで田面を引っ掻いて
    水面に浮きあがらせる。
    チェーン除草は基本的に5日毎に1ヶ月間は継続すること。


2本目の矢
    田植え後2週間から3週間までは
    共立の3連動力除草機(カルチ)を条に沿って動かす。
    苗の植わっていない条と条の間を動力回転カルチで強制的に
    発芽したばかりの雑草を水面に浮かび上がらせる。
    この際、稗の場合は水面上に浮かばせるだけでは根が底までのびて
    復活してくるので土の中へ埋め込むか田んぼ外へ取りだすこと。

    この作業によって田面が掘られ畝が作られて丁度畝に稲が植付られて
    いる状態になる。

    この後チェーンを数回引いても可である。



3本目の矢
    田植え後3週間から6週間ごろまで
    和同の2輪式動力除草機による作業を開始する。
    1本目の矢、2本目の矢の効果で作業を省略することは可。
    
    この頃になると1の矢、2の矢で見逃した雑草はしっかりと
    根付いているのでチェーン除草器では取れないので、条間は
    もちろん株間も除草できる和同の除草機を使う。
    
    ただ唯一の欠点は枕地で転回する時に車輪で苗を踏みつぶす。
    1の矢、2の矢は苗を踏むことが無い。


    

例外(手取り除草)
    随時上記各作業時に機械を一時止めて可能ならば手取りをすること。
    特に大きくなった稗やグワイなどは手取りする。
    




平成26年5月9日記


        

最近の記事