チェーン51本取り付けてみた。

完成した「わたか号」の前部には共立の6連動力式除草機が
取り付けられている。

後部には前身が田植機なので田植え装置が付いていたが取り外してあるので
バランス的に前が重くなってます。

ので後部にチェーンをぶら下げました。

全部で51本。長さは1メートル。

結構重いです。


これでバランス的にはいいかと思います。

田植機後部のチェーン1


田植機後部のチェーン2


わたか号の除草部の動作

完成した「わたか号」の除草部の動作状況を動画撮影した。

なかなか上下動もスムーズに動きます。


水田の枕地のところでUターンするときに除草部を上げてから
転回します。
真っ直ぐになったら除草部を下ろして除草開始です。





田植機と共立動力除草機とのコラボ完成!

苦節、発想から半年あまり、本日午後5時・・
クボタ田植機と共立の6連動力除草機とのコラボ(合体)が
完成しました!


合体自体は出来上がっていたが、いかにして除草機を上下させるかが
難問で、色々と試行錯誤した上、12ボルト直流の電動ウィンチを
使うことにしました。

昨日その電動ウィンチ「1500LBS」が届いていたので
昼から作業を開始した。

ウィンチは直接田植機の上部エンジンカバーにボルト締めしました。

バッテリーは後部のシート下にあるので配線をして

  いざ試運転!


うぃぃぃぃんんん


とちょっと大きめの音がして除草機が上がってきました。


人力ではあんなに重たかったのに、さすがウィンチの威力ですね。


田植機・除草機1


田植機・除草機2


省体力で世界にたった1台しかない、この田植機・除草機は
前部の除草部を人力で上げ下げしようと思っていたが、
力一杯やれば持ちあがるが、水田の端っこの枕地のところで
何度も引っ張るのは体力的に無理であったので結局「電動ウィンチ」
にしました。
田植機のバッテリーが使えますからね。



そんな訳でやっと完成です。


あとは細々したところが残ってますが、99.999%は完成ですね。



やっとです。


上下動もスムーズです。



しかしこの田植機・除草機が出動する事態になれば
それは「にごり水除草」が失敗したということで、それは嫌なのです。


できれば 「にごり水除草」が成功して、

     折角苦労して世界に1台しかない田植機改造
     6連動力除草機を製作したのに出動する必要もなかった

というのが理想なのですね。

なんかややこしいですが・・・

でもにごり水除草が失敗したときはとても人力で除草できませんから

手を打っておかなくてはなりません。

・・・で製作を急いでいたのです。


まぁなんとかこれで完成したのであとは田植えを待つばかりです。

嬉しいですねぇ・・・








田植機&除草機コラボ完成?

正月2日
昨年から懸案であった、
       田植機に共立の6連動力除草機をコラボする
作業を始めた。
妹の旦那が朝から手伝いに来てくれた。
2人で「あ~だ、こ~だ」と言いながら丸1日かかりましたが

なんとか田植機の前部フレームに自作した除草機のアームを取り付ける
事までは完成した。


除草機コラボ1

田植機コラボ2


田植機コラボ3


あとは除草機の先端にロープを結び田植機の運転席から引っ張ってみたが
お・重たい!

運転席から除草機を楽に上下動できる方法を思案してみます。
これがキーポイントになりそうです。


まぁ色々とどうすればいいか考えるのも楽しいものです。

しかし急がないと春作業が待っていますから・・・





鉄工所になんとかやってもらいましょ・・無理!っぽい?

12月15日に「鉄工所でなんとかしてもらいましょ!」という記事をアップしていたが
致命的な欠陥が発覚した。

鉄工所へ田植機を搬送するために、長さ3メートルのアルミ製の
橋板があったのでこれで軽四ダンプの荷台に田植機を積み込もうと
試みたが橋板が短すぎて、またダンプなので一般の軽トラの荷台より
10センチも高さが高いので、それもあって橋板の角度が急になり過ぎて
前進しても前が浮くし、後退しても後ろが浮くしで、結局登れなくて
田植機を搬送できないことになってしまった。_| ̄|○



しかたないので自力でなんとかしなければならない。
そこで鉄板などの資材会社である松阪市大口町の「大戸商店」へ
行った。

事前に厚紙で型をとって切りぬいてその型紙を持って行った。
なんか洋服を作るみたいですが、

店員さんに

  厚さ3ミリの鉄板をこんな型紙のサイズで切断して、折り曲げて欲しいのですが

言ったところ、かなり混んでいて3日ほど時間を欲しいとのことでした。





段々と予定が遅れていきますよ・・・・

想定外のことが次々と起ってしまいその対応で右往左往してます・・・

なんかどっかで聞いたような文言ですが・・・(*_*)


それと冷蔵庫が調子悪くて冷えないのです。冬なのであまり不自由は感じませんが
氷は溶けてきてますしアイスクリームはドロドロで食べられません。

東芝の冷蔵庫でしたがコンプレッサーが悪いのかもということで代替機を
今日持って来てもらいました。

修理完了は年明けかもですね・・


そんなこんなの1日でした。


(*_*)










共立の6連動力除草機届く!これでコラボ!!

今日、やっと共立の6連動力除草機が届いた!!!
1週間遅れであるが、早速イメージだけでも・・コラボしてみた。

除草機コラボ?


除草機コラボ2


あとは上手く鉄板を切って曲げて穴開けて・・・と・・・



できるかな~今年中になんとかしないと、年明けからは田起こしやら
畦直しやらで大忙しになるのでね・・・


11月が一番暇な時期でしたが無為に過ごしてしまったので
ちと焦り気味です。。。



田植機改造(後部にチェーン用のアングル取り付けた)

昨日、松阪市大口の大戸商店で
   肉厚3ミリ、3センチ×3センチのL型鉄製アングル
を買ってきた。900円ほどでした。

今日は朝から鋼材の切断と穴あけ加工をやった。

アングル穴あけ作業



田植機の油圧機構の所に取り付けた。
なかなかしっかりとつきました。

取り付け部


これで後は1メートルほどのチェーンを、穴からぶら下げれば完成です。
穴は3センチピッチです。


これで田植機の後部は一応完成です。

取り付け完成




今後は前部に動力6連除草機を取り付ける作業が残ってますが、
これが本命ですね。

というのはこの田植機改造の動力除草機が出動する事態になれば
雑草はかなり根を張った状態ですから、ここまでくるとチェーン除草器
では除草出来ないのですね。




後部にチェーン除草部を取り付けたのはイメージ作戦です。それと
前後のバランス取りですかね。






田植機のオフセット車輪キター!

午後2時過ぎに高木農機さんから田植機の車輪幅を90センチ
になるようにオフセット改造した車輪が届いた。

店にあった別の同型車の車輪を使ったということですが
前輪はノーパンクタイプになってましたので嬉しかったですね。


ぱっと見も車輪幅が広がったのがわかります。
田植機の車輪改造



後は共立の動力除草機をドッキングさせるだけですが、これが手ごわい。
またまた中世古自動車さんとこで改造するかな?


前輪


後輪


なんとかなるもんだな。。。1


一応2つのイメージで・・・

今日、一時返却したクボタの田植機「S1-400S」を床長農機さんに
もってきてもらった。

隣のNくんが目敏く見つけて早速わが家にやってきてしばし除草機談義に・・・

ビニールハウスの中に田植機を入れてしばしどうしたものかと・・・




この田植機の前部に除草機を取り付けるのか、
あるいは後部に取り付けるのか、それが問題です。


後部に取り付けると油圧で昇降できて便利ですが
苗を除草していく状態が目視できません。

コラボ1



田植機の前部に取り付けると目視ができてリカバリーも簡単に
出来て便利ですが、除草機を昇降する方法を考えなくてはなりません。

コラボ2


どちらも一長一短ですが、どうなるかな~
いや、どうしょうかな~


まぁ大体の感じは掴めたような気がします。



しばし思案です。これが結構楽しい・・・



こんな裏技があったのか!

以前、このような記事をアップした。
↓    ↓    ↓
http://wataka-nouen.seesaa.net/article/203014840.html


記事を読んでもらえば分かるが、写真の白い旗は鴨除けということです。



しかし~旗を設置しても鴨の被害に遭う水田もいくつかありますね。

そこでどうするかというと、鴨に喰われてしまい苗が無くなってしまった
ところへ田植機を使ってもう一度田植えをするということです。
田植え機は色々ありますから同然4条植えの田植え機もあります。
この田植機の車輪の幅は75センチですから苗の間を通ると片方の
車輪で植えてある苗を踏みつぶしてしまいます。

そこで内側にオフセットされた車輪があるという話を高木農機さんから
今日聞いた。
これなら車輪の幅が60センチになるということです。

綺麗に苗の間を通れます。

実際、当地より10キロくらいの東黒部の方では4条の田植え機で
作業をしているらしいです。

これは耳寄りな話です。



田植え機

車輪の幅が変更できないとして床長農機さんへ持って帰ってもらった
このクボタ製のS1-400Rですが間一髪でスクラップになるところでしたが
ストップしてもらいました。


あとはオフセットの車輪がくるのを待つだけです。

いや~待ち遠しいですな~♪

これでこの田植機に除草機をコラボして・・・♪

いや、楽しい。




大失敗の巻・・・とほほ・・・

田植機失敗!

このクボタの4条植えの田植機ですが、根本的というか基本的というか
大失敗をしてしまいました。

折角、後部の田植え部分を取り外してもらったのに・・・



じつは共立の動力式3連歩行型除草機をこの田植機の前部に取り付けようかと
合わせている時に大失敗に気付いた。


自分としては田植機ですから水田に苗を植えていくのですから当然植えないで
移動している時も車輪は苗の間を通るものと思っていました。


ところがです。。。


右の車輪を苗の条の間にセットすると左の車輪が苗の真上に位置して
しまうのです。。とほほ・・です。
車輪の幅は76センチでした。

車輪の幅は30センチの倍数でないとだめです。
(60、90、120センチ)


そんな訳で今回の田植機は除草作業機には出来ないことが判明。



そんなことは中古の田植機を見たときに車輪の幅を計測すれば
わかったのですから、なんとアホなことでした。

ふ~

でも普通の4条植えの小さな田植機はほとんど今回のような
幅らしいです。

車輪の幅を変えられればいいんだけどね。。。

もう少し情報収集します。。。



動力推進式ビニペット除草機

人力牽引式ビニペット除草器を動力溝切り機に合体させた記事は
以前にアップしたが、このビニペット除草器のバネは少々長さが短い
気がしていた。

今日は雨なので、この短いバネを長いモノに取り替えた。

と言っても丸1日かかりましたが・・・

ガスバーナーも使いましたので、少々火傷もしましたが、
なんとか完成です。

ビニペット除草器1


ビニペット除草器2




バネを長くしたのでこのような感じで水田の土の上をなでていきます。


ほぼ頭の中で考えたとおりの出来栄えである・・・と自己満足の1日でした。

ふ~。。。


ビニペット除草器3


それにしても雨が続いてます。

結構、強い雨です。






田植機・改造・進捗状況ぉぉ!

夕方、田植機の植え付け部の取り外しを頼んでいる床長農機へ寄りました。
進捗状況はどのくらいかな~と・・・

既に植え付け部は取り外してありました。

植え付け部は簡単に外せたが、あとのオイルホースの処理に
手こずってるらしい。

このオイルホースは植え付け部の左右の水平制御用ということですが
全く使わないので外してもらいたいのですが、単純に取り外すだけでは
まずいらしい。

ちょっとしたコツが必要なようで、あと1週間ほどかかりそうです。

このミニクラスの田植機でも植え付け部は100キロ程度の重さが
あるとか。


田植機改造1


田植機改造2


あと、前輪は普通の自転車のタイヤみたいなのですがノーパンクタイヤ
にしたかったのですが、このクラスというよりこの年式のモノには
つかないらしいです。(泣)

除草機思案中2

名古屋の日赤第2病院へMRIの検査に来てその帰り道、
高速の御在所SAで休憩中に一昨日に掘り出し物のミニ田植機
を見つけたが、そこの農機屋さんから電話がかかってきた。


田植機は実に良くできた機械で前後のバランスが巧く出来ている。
植え付け部はいらないので取り外してもらうように依頼していたが
取り外すとバランスが悪くなり前のめりになるということでした。


これは後部に重いチェーン除草部を取り付けることで、植え付け部を
取り外したことによるバランスの崩れを補うこととした。


いずれにしてもまだ頭の中での考えであるのでどうなるか。


今週末にでも実車で色々と検討してみたい。


今、あれやこれやとメモを取ったり図面を書いたり計算したり
して考えていることが、なんか嬉しいな~




やっぱり聞いてみるもんだな!

展示会1
    ↑    ↑    ↑    ↑    ↑
昨日、農協の展示会でこのような田植機がありました。
4条植えですがちっちゃな田植機です。
これのセコがあれば欲しいなと思いました。

こんなミニ田植機でチェーン除草器を引っ張れば除草作業がとても
楽になります。

今日、手当たり次第に農機具屋さんに電話して、こんなミニ田植機のセコ
がないか尋ねました。
床長農機に電話した時、丁度下取りに引き取った4条の田植機があるとのこと。
早速夕方店の倉庫へ見せてもらいに行ってきた。



展示会で見た最新式のミニ田植機ではなかったが(セコですから当たり前か)
なかなか程度も良くて今年の田植まで現行機であったとか。。。

この田植機の植え付け部を取り外して、改造して・・・
動力除草機を前部に取り付けて・・・


いかんいかんまた「妄想」してきた・・
いや思案です。思案・・・




いま、この瞬間が楽しいかも?




除草機の合体ィィィ?

溝切り機
溝切り機の動力部のみの写真です。これにビニペット除草部を合体させて
人力で引っ張っていたのをエンジン動力推進式式に出来ないものかと
思案していた。


ビニペット除草器
写真のように人力で引っ張っての作業はとても体力がいり、疲れます。
この人力の代りにエンジン推進式にできないかと思案していた。




今日は、朝から雨です。
農作業が出来ないので除草機の合体をすることにした。
自分では考えがまとまらないので、というより能力不足なので
知り合いの中世古自動車さんへ持ち込んでなんとか合体してもらうべく
雨の中を出発した。
むろん、ビニペット除草部と動力推進部はバラバラの状態ですが・・・
作業場でいっとき思案したのち、さすがモノづくりのプロです。
名案が次々と出てきて、約4時間余りで完成した。

合体1

作業中の状況ですがほぼ完成形です。
作業幅は3メートルですから5条植えの田植え機の往復分です。




合体2
帰宅後に農舎の前でパチリと撮影・・・

なかなかのものです。
この後は
  
   ビニペットばねを取り替えて形を整えて外れないようにセットして
   ビニペットばねの先端にチェーンを5玉ほど結びつける。

のミニ作業が残っているが、それと試運転・・

これは追々と・・・ね


発想の転換

今まで水田の除草は当然中に入って除草器を引っ張るという発想でした。

今年は浮上式のチェーン除草器を作り実際に作業をしたが、水田内を歩いて引っ張るので足を取られたりしてなかなか一定の速度で引っ張れない。

それで小型エンジンとかモーターで浮上型チェーン除草器を引っ張れないか考えていたことがあった。
結局大掛かりになってしまい断念していた。

この方法は直接水田に入らないので田面を荒らさないのでよい方法と思ってました。


昨日、ネットを見ていたら水田の畦に足場に使う鋼管を打ち込んで、それに滑車を取り付けて水田の畦に沿って歩いて除草器を引っ張る映像を見つけた。
変形田では難しいけど真四角な水田ではかなりいけると思った。

水田内より歩きやすい畦を歩くので疲れもたまらないかも!

幸いハウスの資材があるので検討ですな~


今の時期…ホントにいろんなこと考えてます。


詳細は次回…


除草器の自作?

わが家は大きな田んぼが2枚と小さな田んぼが2枚ある。

除草剤を使わない米つくりは除草がいかに成功するかが鍵ですが

大きな田んぼを人力で引っ張る除草機では労力的に大変です。

作業のあと数日は筋肉痛でアンメルツのお世話になってます(笑)



小さい田んぼは人力で引っ張る方法に代わって歩行型1輪動力推進式チェーン除草器
大きい田んぼは乗用型田植え機改造牽引式チェーン除草器
を考えてます。


詳細は頭の中で段々とかたちになってきつつあります。


歩行型はフロートをつけるか?あるいはピアノ線を100本ほど使って
そのピアノ線をフロート代わりにするか?思案中!

田植え機改造型は後輪のタイヤの交換と牽引フックの取り付け場所の
選定などを思案中!



いずれにしても今月中に製作して稲の刈り株のある今の時期に
実際に田んぼで動かしてみないとね~


さてどうなるやら?

除草機・・思考中

わが家には溝切り機が1台あるが、水田の中に溝を切るのには
馬力がいるのでエンジンも大きなモノが載っている。

この溝切り機の溝切り部を取り外して

○ チェーン除草器を取り付けるか
○ ビニペット除草器を取り付けるか

思案中・・・

溝切り機

溝切り機の各パーツを取り外して駆動部分のみにした。

これにビニペット除草器やチェーン除草器をけん引させることを思案中・・・



ビニペットもチェーンも一重ではなくて多重に設置すれば効果的かも?



これから色々とアイデアを出しながら完成を目指しますよ。






田植機改造動力除草機の自作?

熊谷農機に電話して前から気になっていた3輪乗用除草機「さつき号」
の詳細を聞いた。
3月11日の大震災で十数台しか製造できず、今年は部品も無いので
販売は出来ないとのこと。
性能については除草器の性能がイマイチということで改良中とのことでした。

来年の2~3月になれば改良ができているかと思われると担当さんは
言ってました。



さつき号の除草器はいわば前進する勢いで土をこの除草器で引っかいて
発芽したばかりに雑草を浮き上がらせてしまうというもので、しっかり生長し
根も活着した雑草は無理ですね。


そうなると回転する刃で土ごと起こしてしまう動力除草が効果がある。
3連の共立製の歩行型動力除草機があるのでこれを田植機の前部に
取り付けられないかと思案中です。

イセキ農機の田植機「さなえ」を現行機で所有しているので、この
田植機を改造して動力除草機を取り付けられるように改造思案中。


知り合いの自動車修理会社の社長さんに頼むかなぁ~
溶接とかウィンチとかいるだろうからなぁ~

一度改造相談に行かねばなりません。。




最近の記事