玄米粉の製粉

今日、サタケの製粉機で玄米を粉に製粉しました。
玄米の胚芽や米ぬかになる部分も丸ごと粉(玄米粉)に
できるので、栄養満点ですね。
玄米粉は小麦粉でできることはほぼ代替できますので
小麦アレルギーの方や玄米の栄養を考えている方は
是非使って欲しいです。
天ぷらの衣にも使えるし小麦粉みたいに油を吸収しないので
カラっと揚がります。(^^♪

IMG_6048.jpg



出来上がった玄米粉は早速配達しました。
知り合いの「カフェ」ですが・・・


IMG_6046.jpg


無肥料無農薬のコシヒカリのチラシや1キロの小さな米袋もお店に
置かせてもらってます。

IMG_6049.jpg


カフェに立ち寄ったお客さんの中で、お茶のついでに1キロのお米袋を
買っていかれるお客さまって結構あるとのことでした。

嬉しいですね。



わが家へのお問い合わせはこちらからお願いします。

お問い合わせ

玄米の乾燥中なり

IMG_6041.jpg

IMG_6042.jpg

玄米粉の注文があったので朝から玄米を洗米して天日干し中です。

といっても今日はとても風が強いので農舎の中でシャッターを下ろして

扇風機を使って風乾中です。


1回、約3時間ほど風乾して新品の米袋に一時保管します。

午後2時半の時点で2回目の風乾中です。


明日には今日洗米して乾燥させた玄米を製粉する予定です。


玄米粉なら「玄米」の栄養成分そのままに食せますね。


小麦粉よりアレルギーも少なく使いやすいと思います。


※玄米粉のご用命はこちらからお願いします。
     ↓     
  お問い合わせ


(^^♪




玄米の米粉の注文

玄米の米粉=玄米粉の大量の注文がありました。

玄米粉は常時作っている訳ではなく注文があればその都度
保冷庫で保管中の玄米を
・洗米してそれを天日に干して乾かして
・サタケの製粉機で粉にする
という作業になります。

結構大量でしたので1日目は玄米を洗って網の上で天日に干して・・・
という作業を夕方まで行いました。
手作業ですね。(^^♪

IMG_5914.jpg



今日は朝からサタケの製粉機を使って玄米を粉にしていきます。

黒い服装だと大変です。
粉まみれになっているのが結構目立ちます。
白っぽい服装だと目立ちません。(^^♪


IMG_5915.jpg

IMG_5916.jpg


製粉が出来上がると自動停止するのでそれから手作業で袋詰めですね。

これで結構粉まみれになりますよ。



夕方なんとか完了してゆうパックで発送しました。

やれやれです。汗;


(白米粉・玄米粉 とも 1キロ1000円で承ります)

お問い合わせはこちらまでお願いします⇒お問い合わせフォーム

玄米米粉の生産

IMG_4335.jpg

白米の洗米はストックがあったのですが玄米の洗米のストックは
なかったので急遽洗米して天日干ししました。

2キロの玄米米粉の注文があったのですが生憎洗米した玄米が
なかったのです。


洗米したストックがあればすぐに製粉できるのですが洗米した原料が
ないとどうしょうもありませんね。

天日干しの玄米は5キロほどつくりましたのでストックしました。

白米の天日干しはストックがあるのでこれで玄米粉、白米粉どちらの注文が
あってもすぐに翌日には発送できますね。

ご注文承り中です。(^^♪

米粉の製粉

IMG_4247.jpg

娘からもう米粉が無くなったと言って来たので、朝からわが家の分を入れて5キロほど製粉しました。
わが家でもお好み焼きなどで結構よく使ってます。
天ぷらの衣にしても小麦粉よりカラッと揚がりますね。
捏ねてうどんでも作れる腕があればいいんですが腕はイマイチですね。

今日は同じ市内の方から玄米20キロを分けて欲しいと連絡を頂いてお渡ししたところです。
今まで玄米食でしたが胚芽や糠に農薬などの残留成分が気になってと、わが家の無肥料無農薬の玄米を求めになったとのことでした。
気になる人はとても気になりますからね。
愛知県衛生研究所のサイトで残留農薬は精米→洗米→炊飯というプロセスで95%は除去できると記載されていましたが、残り5%は残ってしまい最終的に体内に入ってしまうようですね。
お米は主食なので毎日何十年も食べ続けると多少は影響あるかも知れませんね。

輸入の小麦は問題外でも国産の小麦でも「無肥料無農薬栽培」というのは不可能と
思ってます。小麦はどうしても肥料を大食いする植物ですから。

以前、試験的に小麦を無肥料無農薬で栽培したことがありますが背丈が50センチくらいしか
伸びず稲用のコンバインでの刈り取りに苦労しました。
小麦の背丈は肥料の量に比例して伸びますね。

トウモロコシも同じでした。
無肥料で栽培してところこれも1mくらいしか伸びませんでした。

しかし水稲は無肥料無農薬栽培にとても相性がいいですね。
昔から「米は水でとれ、麦は肥でとれ」という話を聞いていたのでなるほどと思いました。





最近の記事